コラム

東京で「MR(医薬情報担当者)男性」との結婚を叶えるためにできること!

多くの女性が結婚する相手に求める条件は何でしょうか。相手に対して収入の高さや将来性を求める女性も少なくありません。安定した職業といわれて多くの人が思い浮かぶのは公務員や医師、弁護士などといった職業でしょう。

これらの職業とは別に、MR(医薬情報担当者)も年収が高い職業としてあげられるのです。製薬会社の営業職であるMRは、収入の高さや安定といった点ではほかの職業に負けてはいません。資格がなくても高い収入を期待できて就職先が多数あるため、働くのに困らないといったことも魅力としてあげられます。

ここでは、MRが婚活市場で人気の理由、MRと結婚するメリットやデメリットをご紹介します。

MRは医療現場を陰で支える営業・広報職

MRとは、医療情報担当者のことをいいます。医療現場をサポートする裏方のような存在だといわれていますが、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。ここではMRのおもな仕事についてみていきましょう。

・製薬会社の営業や広報活動を行う
MRは、自社の薬を医療現場で使ってもらうために営業や広報活動を行います。大学病院や一般病院、クリニックなど、活動場所はさまざまです。医者が出勤する時間や外来患者が少なくなる時間など医師のスケジュールや診察の状況に合わせて病院を訪れ、薬に関して情報交換を行う場を設けます。また医師たちを対象として、医療現場で実際に新薬のプレゼンテーションを行うこともあります。

・医療現場から会社に対して薬品についてのフィードバックを行う
実際に薬を使ってみた結果など、医療現場からの声を会社に対してフィードバックすることもMRの大切な役割になります。

このほか説明会や講演会などへの参加など、MRの仕事は多岐にわたるものです。MRの仕事は人対人の仕事であり、医者の信頼のもとで成り立ちます。そのため人付き合いが得意であったりコミュニケーション能力が高かったり、会話が上手な人、相手に対してきめ細やかな配慮ができる人が多くみられます。

スケジュール管理をうまくできる人、問題が起こった時にスムーズに対処できる人、説明や訴求が得意な人も多いようです。医療業界は常に日進月歩であるため、最新の知識や技術を吸収する向上心を持っている人が多いのも特徴です。

MRの平均年収は700万円以上

MRの平均年収は、実に約700万円以上といわれています。日本人の平均年収約400万円と比較しても、高い金額となっていることが特徴です。年齢を重ね40代や50代になると役職手当などが付き、さらに年収は高くなる傾向にあります。また大企業に勤めている場合には、より高い年収が見込めると考えられるため、結婚相手に経済的な安定を求めている人にとっては、まさにMRの男性はぴったりです。MRの年収は、なぜこんなにも高いのでしょうか。その理由をみてみましょう。

・福利厚生が充実している
日当や営業手当、住宅手当など福利厚生が充実していることが特徴です。実際に大手企業の場合、家賃の8割近くを支給してくれるところがあります。

・インセンティブが大きい
営業ノルマを達成した際に与えられる報酬がインセンティブです。MRは、このインセンティブがほかの営業職に比べると多い傾向にあります。企業や業績によってもさまざまですが、頑張り次第では年間で100万円以上のインセンティブが見込めることもあるのです。普段の給与に+αで支給されるわけですから、高年収に影響していることが分かります。

・薬価が国の規定によって定められており、総利益率が高い
物の値段というのは、経済による影響を受け変動するものです。しかし製薬会社の売り上げに影響する薬の価値(薬価)は、国によって定められています。国の規定が変わり、薬価が変わるということがない限りは変動しません。そのため、安定した高い収益につながるのです。

つまりMRは不況などといった経済状況から受ける影響が少なく、安定した収入が期待できるということになります。

MRと結婚するなら覚悟しておくべきこと

MRとの結婚で得られるメリットはさまざまです。一方、どのような職業においてもいえることですがデメリットも存在します。ここではMRとの結婚におけるメリットとデメリットについてみていきましょう。

〈メリット〉
・高年収、福利厚生が充実している
給与が高く、福利厚生が充実していることがあげられます。キャリアアップによってさらなる収入アップが期待できますし、先々も安定した収入を得やすいというのはMRと結婚する大きなメリットではないでしょうか。

・基本的に土日祝日が休みとなる
例外もありますが、基本的に土日祝日は休みとなります。そのため家族とスケジュールを合わせやすく、週末にお出かけをしたりデートを楽しんだりすることが可能です。また有休休暇をまとめて取りやすいことが特徴であり、一緒に旅行を楽しむことができるのもメリットだといえるでしょう。

・付き合いが多く、よいお店を熟知している
営業職で付き合いが多いため、よいお店を熟知しているというのもメリットのひとつです。雰囲気のよいお店や評判のお店など、食事だけでも楽しいデートをすることができるでしょう。

〈デメリット〉
・朝が早く、営業ノルマがあるため帰宅が遅くなることもある
MRは仕事柄、朝早く家を出て帰宅が遅くなってしまうことがあります。そのため家事や育児を一緒にやっていきたいという方は、分担についてお互いの考えをよく共有しておくことが大切です。

・転勤になることもある
家庭をもっていれば独身に比べて転勤は少ないとはいわれていますが、ゼロとは言い切れません。子どもがある程度大きくなっていれば、単身赴任となることも考えておく必要があります。

結婚相談所でMRとの結婚を目指しましょう

MRのなかには結婚が早い人もいますが、なかには結婚していない人もいます。一見モテそうで出会いが多いように思えるMRですが、結婚相談所に登録する人もいるのです。その理由について、詳しくみていきましょう。

・多忙で恋愛できない
MRは営業や講演会、勉強会の出席、試験対策など、仕事内容は多岐にわたります。年収は高いものの多忙であるというのが特徴です。そのため出会いの場に出向くことができない、恋愛に時間をあてることができないと悩む人がいます。

・仕事と婚活を両立できるから
結婚相談所に登録すると、多忙なMRであっても自分の仕事と婚活を両立しやすくなります。結婚相談所の婚活パーティーなら、少ない時間を有効活用して本気の人と出会えるのです。お見合いの時間調整などはスタッフに任せられるということも、多忙なMR男性にとって結婚相談所を利用するメリットといえるでしょう。

それでは、MR男性との出会いを求める女性が結婚相談所に登録すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

・身分証明や収入証明の確認をきちんと行うため安心
結婚相談所では相手の身分証明や収入証明の確認がきちんと行われているため、偽りの情報を提供することはありません。事実に基づき相手の情報を知ることができるため安心してマッチングが進められます。

・登録者の経歴や人柄を熟知しているため希望の人を見つけやすい
結婚相談所のスタッフは登録者の経歴だけでなく人柄までも十分に熟知しており、女性が希望する経歴・人柄の男性を短時間で探せます。

・交際から結婚までがスムーズ
お互いに結婚したいという気持ちがあり登録しているわけですから、交際から結婚までとんとん拍子に進むことがあります。そのため、希望の男性と早く出会って早く結婚したいという方にぴったりです。

MRとの結婚は結婚相談所「エクセレンス青山」にお任せください

MRという職業は経済状況によって受ける影響が少なく、安定した収入を見込めます。職業柄、人への気配りが大切にできて明るく積極的であり、MRの男性と結婚したいとお考えの方もいるでしょう。MRの男性と結婚をしたいと思っている方は、サポート体制が充実した結婚相談所に相談することがおすすめです。

東京の結婚相談所「エクセレンス青山」では、専任スタッフが最後まで一人ひとりに合った婚活を支援します。MR男性と出会いたいとお考えの方は、ぜひ「エクセレンス青山」の無料見学・無料カウンセリングをご利用ください。個人のライフスタイルを尊重しながら、さまざまな角度からのアプローチや提案をいたします。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ