コラム

自衛官の男性にアプローチしたい!結婚後に気になる東京の自衛官の人の休日の過ごし方は?

自衛隊に勤める自衛官に憧れて、アプローチしたいと考える女性もいるのではないでしょうか。自衛官の魅力は安定した公務員でありながら、肉体派で男性としての強さを持っている点が挙げられます。そのため、意外とライバルが多いのも事実です。

しかし、いざ自衛官の男性にアプローチしようと考えても、自衛官の勤務時間や休日などわからないことも多いでしょう。結婚まで望む方なら、生活リズムをイメージするためになおさら知っておきたいのではないでしょうか。

そこで、この記事では自衛官の男性にアプローチをする前に、自衛官がどのような休日を過ごしているのか、勤務時間はどうなっているのか、どのような趣味を持っているのかなどをご紹介いたします。

自衛官の休日はどれぐらいある?

自衛官の仕事はとにかくハードで、休みなく働いているというイメージがあるかもしれません。しかし、自衛官は公務員であるため週休2日で祝日も休日となります。さらに有給休暇が年間24日も与えられるため、休日は比較的多いといえます。

ただし、祝日に関しては例えば、ゴールデンウィークなどであっても、カレンダー通りに休むことになり、連休の合間に仕事になります。また、年末年始や、夏季休暇に関してはすべての自衛官が一斉に休むことはできないため、前半・後半に分けてとられることになり、一般的な連休の時期からずれることもあります。

ここまでご紹介した休日を年間休日に換算すると、120日以上の休日があることになります。これに、有給休暇を加算すると休日をさらに増やすこともできます。実際にどれくらい有給休暇が取られているかというと、自衛隊東京地方協力本部によると、有給休暇の取得平均日数は13日となっています。与えられた有休休暇のすべてを消化しているわけではありませんが、有給休暇が取りやすい環境といえます。

このように、自衛官の休日に関しては、一般的な企業と同等か多い場合もあると考えてよいでしょう。年間を通して考えてみると、3日に1回は休日がある状態となっているため、自衛官との恋愛はしやすいと考えられます。結婚後も多くの時間を楽しく過ごせるでしょう。

自衛官の勤務時間はどんな感じ?

自衛官の勤務時間は、1日7時間45分と定められており、就業時間は8時15分から17時までとなっています。実際には独身自衛官などは駐屯地で生活をしており、朝6時15分には点呼があるため、朝6時くらいには起床するのが一般的です。なお、勤務時間の間には、1時間の休憩が挟まれます。

このように、自衛官の勤務時間は一般的な会社に勤務する会社員とほぼ変わりありません。また、平日であっても勤務時間後に駐屯地から外出することも可能です。そのため、休日以外であっても自衛官の男性とデートをすることもできるのです。

ただし、夜は点呼があるため9~10時くらいまでには駐屯地に戻る必要があります。自衛官の男性とデートするとしても、平日に関しては夜遅くまで楽しむことはできないと考えておいたほうがよいでしょう。

時間にすると、勤務時間後にデートしたりする時間は2~3時間程度の短い時間になることが多いようです。デート内容としては近距離にあるレストランでの食事や、ショッピングなどであれば少ない時間でも一緒に楽しめます。

自衛官の勤務時間に関して注意しなければならない点に「残留日」があります。緊急事態に備えて自衛官を一定数確保しておく必要があるため、残留日に該当する日は休日であっても外出することはできません。残留日にあたってしまった場合は、デートはできないので電話やメールなどで会話を楽しみましょう。

基本的には、一般的な会社に勤める会社員と同じような勤務時間となりますが、駐屯地で生活をしている関係で若干の制約があることを理解しておいてください。

自衛官の休日や仕事以外の時間の過ごし方

自衛官には比較的多くの休日があり、勤務時間も17時までとなるため仕事以外の時間は比較的多くあるといえます。そこで、ここでは自衛官が休日などの仕事以外の時間をどのように過ごしているのかをご紹介します。

残留日でない限り、勤務務時間外や休日は自分のプライベートな時間であるため、趣味などを楽しんでいます。外出や外泊もできるのでアウトドアを楽しむこともできますし、一人で読書や映画などをゆっくりと楽しむこともできます。

なお、恋人を探している自衛官男性は出会いを求めて外出することもありますし、自衛隊内の友達や自衛隊外の友達と遊びにでかける自衛官も少なくありません。

ただし、自衛隊、仕事以外の時間を完全に自由にできるわけではありません。休日は外泊も可能ですが、翌日が休日であったとしても残留日にあたる場合は駐屯地から出ることができなくなります。
そのため、駐屯地の中では運動や読書をして過ごす自衛官が多く見られます。駐屯地の中は、運動をするには適した場所なので、勤務時間外も体を鍛えている人も多くいるようです。

さらに、不測の事態に備えておかなければならないため、遠くへ外出したい場合は事前申請と上司の許可が必要になります。そのため、遠方への旅行をする時は、早めに予定を立てて申請してもらうようにしましょう。

そして、自衛官は入隊して4年間は車を購入することができません。これは事故などで新隊員教育を受けられなくなることを避けるためとされています。
車を運転できないと男女のデートの定番であるドライブができないということになります。不満に感じてしまう女性もいるかもしれませんが、あくまでも限定された期間だけのことと考えて他のデートプランで楽しみましょう。

自衛官の趣味の楽しみ方

自衛官のイメージとして、体を動かす仕事であることから趣味もアクティブなものばかりとイメージする方もいるかもしれません。実際にアウトドアやスポーツが趣味の方も多いのですが、しかし、仕事で体を動かすことが多いからこそ、趣味はインドアで楽しむ自衛官も多いようです。また、上述のとおり駐屯地の中で生活をしているため、自然とインドアな趣味につながるケースもあります。

インドアの趣味として多いのが読書や、YouTubeやNetflixなどでのドラマや映画の鑑賞です。若い自衛官はテレビゲームを楽しむこともあります。自衛官は残留日があることから休日であっても駐屯地から外に出ることができないため、普段はアウトドアな趣味を楽しむ人であっても残留日はインドアな趣味を楽しむ自衛官もいるようです。

一方、アウトドアの趣味を持つ自衛官も多く見られます。自衛官を志す方はもともとが体を動かすことが好きな方が多く、休日も体を動かす趣味を楽しんでいます。アウトドアレジャーでは釣りやスキーなどを、スポーツでは野球やサッカーなどを友人や自衛官の趣味仲間と楽しむこともあるようです。
また、アウトドアとは少し違いますが、ボクシングや空手、柔道などの格闘技を趣味として取り組んでいる人もいます。

このように自衛官の趣味は多種多様です。アプローチしたい方の趣味をご自分も一緒に楽しむことができれば、結婚後も充実した休日を送ることができるでしょう。

まとめ

この記事では、自衛官の男性へアプローチを考えている女性のために、自衛官にどの程度休日があるのか、どのような趣味を持っているかなどをご紹介してきました。しかし、自衛官の男性への憧れを持っていながら、現時点で自衛官と接点がない女性もいるのではないでしょうか。

自衛官の男性との出会いを求めている女性の方は、ぜひ結婚相談サービス「エクセレンス青山」へご相談ください。自衛官の男性は女性との出会いが少ないため、本気で婚活をしている方は結婚相談サービスに登録していることが多いのです。

エクセレンス青山でも国家公務員の多数の男性会員に登録いただいておりますので、自衛官との結婚をご希望される方はお気軽にご相談ください。プロのカウンセラーが成婚に向けて全力でサポートいたします。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ