コラム

東京で婚活をするなら「政府系金融機関の職員」の男性は隠れた狙い目!

 

政府が一部またはすべてを出資しており、金融政策と連携して公的な役割を果たしている政府系金融機関。現在では、日本政策金融公庫・日本政策投資銀行・国際協力銀行・商工組合中央金庫・沖縄振興開発金融公庫の5つがあります。

これらの政府系金融機関に勤める男性が、東京の婚活における隠れた狙い目であることはご存知でしょうか。収入面や将来の安定性の面をみても、政府系金融機関職員は結婚相手としても申し分ありません。

今回のコラムでは、政府系金融機関の基礎知識や東京の婚活でおすすめの理由、年収や人物像にいたるまで、詳しく解説します。政府系金融機関の男性と出会う方法についてもお伝えするので、婚活をする際の参考にしてみてくださいね。

「政府系金融機関」って何?

 

政府系金融機関とは、政府が一部またはすべてを出資している金融機関のことです。現在政府系金融機関として稼働しているのは、日本政策金融公庫・日本政策投資銀行・国際協力銀行・商工組合中央金庫・沖縄振興開発金融公庫の5つ。

どの金融機関も経済や産業の発展、ひいては国民生活の安定を目的として活動しており、政府の金融政策に即したサービスや民間の金融機関では難しいサービスの提供を行っています。例として、創業したばかりの会社が「お金を貸してほしい」といっている場合を考えてみましょう。

民間の金融機関では、お金が返ってくる見込みを重視するため、創業したばかりの会社では簡単にお金が借りられません。しかし、政府系金融機関はリスク判断が難しいケースも取り扱ってくれるため、民間の金融機関ではお金を借りられなかった企業でも、融資を受けられる可能性があります。

このように、政府系金融機関は、昭和の経済成長期から現在にいたるまで、数々の重要な役割を果たしてきました。政府系金融機関の働きのおかげで、今日のような経済大国日本があるといっても過言ではないでしょう。

日本における経済成長を支え終わったのちは、国際貢献にも積極的に関わってきました。現在では「政府系金融機関は役割を終えた」という考え方も主流になりつつあり、実際に日本政策投資銀行・商工組合中央金庫は近いうちに民営化される予定です。

そんな政府系金融機関の職員が、東京の婚活における隠れたねらい目である理由は、沖縄振興開発金融公庫をのぞく政府系金融機関のほとんどが、本店や拠点を東京に置いているから。このような男性との結婚を望むのならば、東京ほど出会いに有利な場所はないのです。

4つの政府系金融機関の特徴

 

現在の日本には5つの政府系金融機関があり、それぞれ違った角度から役割を果たしています。婚活に活かすためにも、それぞれの政府系金融機関の役割と特徴を知っておくことが大切です。今回は東京での婚活にしぼり、沖縄振興開発金融公庫を除く4つについて、詳しく解説します。

日本政策金融公庫の主な役割は、中小企業に向けた融資、地域の活性化のための融資、そして農林水産分野への融資です。災害時に混乱を緩和する役割も担っており、実際に東日本大震災の折には融資や返済条件の緩和などを行いました。ほかの政府系金融機関にはない、個人個人の顧客にあわせた柔軟な対応が強みです。

日本政策投資銀行の主な役割は、大口融資や中長期にわたる融資であり、将来性が見込める事業であればリスクがあっても投資を行います。過去には、スカイツリーの建設に関わる融資なども行ってきました。

国際協力銀行の主な役割は、日本企業が海外に進出する際の融資、日本企業が重要な物資を輸入するための融資、日本企業が海外事業に投資するための融資など、グローバルビジネスに関わる投資です。近年では、国際的な金融秩序を維持するための活動や、環境を保護するための事業への投資も行っています。

商工組合中央金庫の主な役割は、日本政策金融公庫と同じく、中小企業への投資です。しかしながら、商工組合中央金庫からの融資は組合員のみに限定されており、審査も日本政策金融公庫よりも厳しいものとなっています。ある程度成長を遂げた中小企業向けの銀行といえるでしょう。全国に店舗を展開しており、地方の活性化に重要な役割を果たしています。

政府系金融機関職員の年収はどれくらい?

 

結婚相手として人気の高い職業の条件として挙げられるのは、安定性や将来性、そして高めの年収です。特に子育てや出産などを考えている女性にとっては、非常に重要なポイントといえるでしょう。政府系金融機関職員の年収はもちろん、安定性や将来性も含めて、詳しく解説します。

政府系金融機関職員の平均年収は、日本政策投資銀行が約1,030万円、国際協力銀行が約827万円、日本政策金融公庫が約839万円、商工組合中央金庫が約771万円です。一方、民間の大手金融機関の平均年収は、三菱東京UFJ銀行が約771万円、三井住友銀行が約820万円、みずほ銀行が約737万円となっています。

年収面では大手の民間銀行とほぼ同レベルであり、一般的なサラリーマンの平均年収である約441万円と比べると、かなりの高水準であるといえるでしょう。さらに福利厚生についても、休暇日数や住宅手当、海外手当など、公務員要素があり充実しているという声が多いようです。

つづいては、政府系金融機関全体の安定性や将来性について詳しく確認します。これまで政府系金融機関では、民間の金融機関が躊躇するようなリスクのある投資、長期的な投資も積極的に行ってきました。

しかし、今後については民営化の流れに伴って、より融資の基準が厳しくなることが予想されています。そういった意味では、公務員的要素については、今後どんどん薄れていくことも考えられるでしょう。

そうはいっても公的かつ重要な役割を果たす点は変わらず、急激に業績が悪化することはほとんどないものと思われます。政府系金融機関職員は、収入の面でみても将来性や安定性の面でみても、理想的かつ安心できる結婚相手といえそうです。

政府系金融機関の求める人材から職員の性格を予想!

 

高水準な収入と将来性・安定性から、結婚相手としても申し分ない政府系金融機関職員。しかし、そんな政府系金融機関職員には、どのような性格の方が多いのでしょうか。このような職場で求められる人材像から、その人物像を予測してみましょう。

採用ページによれば、政府系金融機関では、コミュニケーション能力や交渉力の高い方、真面目な方が求められています。企業との折衝が多いことを考慮するとコミュニケーション能力は当然ですし、融資や合併などの話を進めるためには交渉力も必須でしょう。

多方面から信頼されなければ務まらない仕事であることから、真面目な方が求められるのも無理はありません。政府系金融機関職員と結婚したならば、共に話し合いながら堅実な家庭を築くことができそうですね。

そんな政府系金融機関職員との出会いを求めるならば、おすすめしたいのが結婚相談所の利用です。政府系金融機関職員と出会うには、東京はこれ以上ないほど有利な土地といえます。しかしながら、合コンなどで特定の職業の方と自然に出会うことは、実際のところかなり難しいでしょう。

真面目な方が多いという政府系金融機関職員の人柄を考慮しても、マッチングアプリや合コン、街コンなどでの出会いを期待するのは不確実です。その点、結婚相談所なら相手の職業を事前に指定もできますし、身分などもきちんと保証された状態で出会えます。政府系金融機関職員のような真面目な方であっても、真剣な交際・結婚を目指す方ならば、利用している可能性が高いのではないでしょうか。

政府系金融機関職員と出会いたい!東京の結婚相談所ならエクセレンス青山

 

政府系金融機関とは、政府が一部またはすべてを出資している金融機関のことであり、金融政策に基づいたサービスや民間の金融機関では難しいサービスの提供など、公的かつ重要な役割を果たしています。

あまり知名度のある職業ではないものの、安定性や将来性があり、年収も高水準であることから、結婚相手としては非常に理想的といえるでしょう。多くの政府系金融機関の本店・拠点が東京に集まっていることから、東京で婚活をしている女性にとっては、ぜひ知っておいていただきたい狙い目のお相手です。

政府系金融機関職員との出会いを希望されるならば、ぜひ結婚相談所を利用してみてください。職業や年齢を指定できるのはもちろん、真剣に結婚を考えている男性と効率的に出会えます。

東京都青山に拠点を置くエクセレンス青山は、業界トップクラスの会員数を誇る老舗の結婚相談所です。サービス内容や品質にご納得いただけるようお試しコースもご用意しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ