コラム

政治家狙いの婚活は「ハイクラス向けの結婚相談所」の利用がおすすめ

政治家といえば思い浮かぶのが国会議員ですが、県や市区町村の自治体の議会議員なども政治家に含まれます。国民を代表して政治に携わり、日本の国や地方の問題を解決するために働く、やりがいがあり、かつ責任も重い仕事です。さらに、総理大臣をはじめとした行政の長である国の組織の各種大臣はもちろん、知事並びに市町村長なども政治家であり、議員よりも一層重い責任を負っています。

このように重要な仕事をしている政治家と結婚するにはどのような方法があり、政治家の男性と結婚した女性は、どのようなサポートで夫を後押ししているのでしょうか。さらに、政治家の収入についてもご紹介します。

政治家の仕事は大変

政治家には、国民の代表として行政の動きを監視する役割があります。また、法律や条例などのルールや予算を決めたり、制度を提案したりする「議員」と、行政の長としてすべての責任を負う「大臣」や「知事」、「市区町村長」など様々な種類があるのが特徴です。どの政治家も選挙に出て当選してはじめて、政治家としての収入を得られるようになります。

市区町村、都道府県、国の順にたくさんの票を得て当選しなければ、議員にはなれません。地方選挙、特に市区町村議員の場合は当選確率も高く、無投票当選になることもあるのです。しかし、国政選挙では支援者やネットワーク、資金、知名度が必要となるため、簡単に当選することはできません。

選挙に出る際に払う供託金は、一定の得票数を得られなければ没収されます。供託金の額は選挙によって異なり、町村議員では供託金はかかりませんが、市区議会議員選挙は30万円で、衆議院比例代表選挙なら600万円と、それぞれの選挙で供託金の額が決められているのです。それ以外にも選挙ではたくさんのお金がかかります。この選挙を数年ごとに行わなければならないのが政治家なのです。

政治家が、国民の声をしっかり聴いて役割を果たそうとするとどうしても多忙となります。必要とされる知識も多岐にわたり、国際感覚と先見性も求められるため、常に勉強を続けていくことも必要です。会社員や公務員などと違い、労働法で守られているわけでもないため、どうしても働きすぎてしまいます。このように政治家とは本来、公共のために身をささげることに幸せを感じる人が、国や自治体をよくしたいという信念のもとに就く職業だといえるでしょう。

政治家の収入はどれくらい?

国会議員や地方議員、知事や市町村長などの政治家は裕福であるように思われていますが、支出も多いため、実際の収支が分かりにくい傾向にあります。政治家の収入はどのくらいで、実際に生活に使うことができるお金はどの程度なのでしょうか。

「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」によると、2017年3月31日現在、国会議員の給料にあたる歳費は月額にして約130万円、期末手当、いわゆるボーナス635万円を加えると、年収は約2,000万円以上です。

さらに、公的文書の発送費や電話代、交通費などの経費に対して「文書通信交通滞在費」が月100万円、立法に関する調査研究活動のための「立法事務費」が65万円、それぞれ必要に応じて支給されます。

県や市町村の首長の年収は1,500万円~2,000万円ほど、地方議会議員の年収は数百万円~1500万円と、それぞれの地方自治体によって大きく異なり、市区町村に比べると都道府県のほうが政治家の収入が高い傾向です。政治家の給料は、国の法律や各自治体の条例によってそれぞれの金額が決められており、国民の税金から支払われています。

政治家は、年齢や勤続年数はもちろん、労働時間や成果も給与額に影響しません。政治家は国民の声を聴くためにさまざまな会合やイベントに顔を出す機会が多いです。そのときにかかったお金は自分の給料からまかなうことが多いため、収入のかなりの割合を政治活動の費用にあてなければなりません。

つまり、政治家の収入は少なくはありませんが、それ以上に支出が多い上に時間外手当などもないため、信念をもって政治活動をしている政治家には、お金の余裕も時間の余裕もないことが多いのです。

政治家の妻に求められること

政治家にとって数年に1回の選挙は、議員などの立場を得て政治活動を続けられるかどうかの瀬戸際に追い込まれるものです。そのため、選挙の際には、妻はもちろんのこと家族全員にサポートしてもらう政治家もいます。

また、政治家自身を支えている有力な支援者や選挙対策事務所が、政治家の妻に対して、あいさつ回りや近所の人達への呼びかけを求めることがあります。さらに、選挙の応援演説や炊き出しなどの手伝いなどの細かな指示をしなければならない場合もあります。

政治家の妻は選挙の際には、政治家自身と同様に忙しく動き回らなければならないのです。また、国会議員などの政治家は国民に選ばれて行政をチェックしたり、法律を作ったりする重要な立場ですから、政治家としての仕事ぶりだけではなくプライベートな言動にまで、国民そしてマスコミからの厳しくチェックが入ることもあるのです。

場合によっては、そのチェックが恋人や配偶者の行動にまで及ぶこともあります。妻となる女性が、政治家の男性のスキャンダルの元とならないように、政治家は結婚前に妻となる女性の身辺調査を行う場合も。政治家の妻となる女性には、最低限、日常生活でも挨拶がきちんとでき、ルールを守ることのできることが求められます。

政治家の男性の中には、妻となる相手の女性やその家族の社会的地位が高かったり、知名度が高かったりすることで、自分の政治家としてのイメージに箔をつけたいと考える人もいます。さらに、政治家の妻の動きを小さいころから知っていて理解のある、他の政治家の親族を配偶者に選ぶこともあるようです。

政治家との出会いの場所のひとつは結婚相談所

政治家と普段の生活で出会うのは難しいかもしれません。しかし、政治家とお付き合いするための方法として、「これは」と思う独身の政治家をピックアップして政治資金パーティーに参加したり、選挙の手伝いに行ったりするという方法があります。

そこで、まずは政治家や特にその政治家の秘書や関係者とのつながりを作ることから始めましょう。政治資金パーティーや選挙の手伝いというと、敷居が高く感じるかもしれません。しかし、数年ごとにある選挙を乗り越えなければならない政治家にとって、自分を応援してくれる人の存在はありがたいものです。

政治家が挨拶や講演をするイベントを調べて参加し、その政治家の秘書や関係者の連絡先を聞きます。後日、その人に選挙の手伝いやパーティーなどに参加したいという旨を電話かメールなどで伝えておきましょう。ただし、同時に複数の政治家の男性に対してアプローチをかけると「選挙妨害ではないか」と疑われて警戒されかねません。婚活の対象は一人に絞るようにしましょう。

政治家はスキャンダルをとても恐れています。リスク回避のために、女性の身元がしっかり確認できるお見合いを選ぶ場合も少なくありません。その点、ハイクラス向けの結婚相談所での婚活であれば、身元がはっきりしている多くの女性の中から安心してお見合いができるのです。そのため、エクセレンス青山には、多くの政治家の男性も登録していますので、お互いの条件や希望が一致するお相手とのお見合いができます。

東京で政治家と結婚したいならハイクラスな結婚相談所を

政治家は、国民の代表として行政を監視したり、ルールや予算を決めたりするやりがいのある仕事です。しかし、政治家になり、政治家であり続けるためには数年に1回の選挙で当選し続けなければなりません。

また、政治家として必要とされる知識や能力は多岐にわたりますので、常に勉強を続けていくことも必要です。政治家の男性が活躍するために妻のサポートは欠かせません。政治家の男性と結婚するには選挙活動を手伝ったり、政治資金パーティーに参加したりする以外にも、ハイクラス向けの結婚相談所を利用して婚活し、お見合いをする方法があります。東京で政治家と結婚したいと考えているのであれば、多くの会員を持つエクセレンス青山にご相談ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ