コラム

シングルマザーが婚活を成功させるためのコツと失敗事例

記事の監修

エクセレンス青山 成婚カウンセラー

星野 今日子(Kyoko Hoshino)

結婚相談所カウンセラー歴13年。400組以上のカップル誕生をサポート。
大手結婚相談所の新規開拓事業に携わり、人材の育成などに従事。その後、会員様により寄り添った対応ができるエクセレンス青山で活動中。会員様それぞれのお悩みにあった内容で妥協のない夢のある婚活をサポートしています。

プロフィールはこちら

前の結婚がうまくいかなかったとしても、次の幸せを求めて再婚する人が増えています。
さらに、子供がいると、父親を作ってあげたいと願うシングルマザーも多いでしょう。

しかし、シングルマザーの婚活は、子供と相手の男性との相性、時間と金銭の余裕など、様々な課題があるのも事実であり、いわゆる初婚の人の婚活とは考えるべきことや、準備しておくべきことなどが異なります。

このコラムでは、

・シングルマザーが婚活を成功させるためにしておくべき事前準備
・シングルマザーの婚活を成功させる相手との関係の築き方
・シングルマザーが婚活を成功させられなかった事例
・時間がないシングルマザーに合う婚活方法メリット・デメリット
・シングルマザーが婚活を成功させるためのコツと失敗事例まとめ

について解説します。

これを読むことで、シングルマザーの婚活を成功させるために準備すべきこと、成功されられない人の事例、また、シングルマザーに適した婚活方法について解説しますので、ぜひこれを読んでさっそく実践してみてください。

 

シングルマザーが婚活を成功させるためにしておくべき事前準備

シングルマザーは自分のことだけではなく、大切な子供のことも考え婚活を進める必要があるため、シングルマザーが婚活を成功させるためには、事前に準備をしておいたほうが成功しやすいポイントがあります。
しっかりと計画的に準備をしておくことで、後々必ず良かったと思える事項なので、必ずチェックし、実践しましょう。

婚活相手に絶対に必要なポイントを整理する

まずは、婚活をするうえで重要な、「相手に求める条件」を整理することです。

相手の年収やルックスなどが良いにこしたことはありませんが、それはどの女性も基本的には同じです。

しかし、実際に会ってみると、やはり性格や雰囲気などは人により好みは分かれます。
また、条件が良ければ、それだけ競争相手も多くなります。

そのため、婚活の難易度が上がることはあらかじめ認識しておく必要があります。
難易度が上がるということは、それだけ時間もお金もかかる可能性が高くなるということです。
しかし、それでも絶対に譲れない条件なのであれば、「時間をかけてでもじっくり探す」と腹をくくることが必要になるかもしれません。

一方、例えば年収はそれほど高くなかったとしても、性格や子供への接し方、最終的に子供が気に入ってくれるかが最も重要と考えて相手を探す場合、条件面以外の内面を最も重要視することになるので、広く色々な相手と会ってみることで、婚活を成功させる可能性は高くなるでしょう。

このように、まずは自分が婚活をする上で、なぜ再婚したいのか、そのために相手に何を求めるのかをしっかりと整理しておけば、途中で迷走することなく進めていくことができます。

子供が父親を欲しがっているかをそれとなく聞いておく

シングルマザーの婚活で相手に求める条件と同じくらい重要なのが、子供が新しい父親を欲しいと思っているか、受け入れてくれるかという点でしょう。

すでに「新しいお父さんを欲しがっている」「新しい父親捜しをすることを賛成してくれている」といった場合は問題ありませんが、ある日突然、新しいお父さんになる人だといって紹介するのはあまりにハードルが高すぎます。

もしまだ新しい父親についてどのように考えているかを話したことがない場合、まずは子供が「新しい父親を欲しいと思っているかどうか」からそれとなく確認することから始めましょう。

もしも「欲しくない」と言われた場合、まだ婚活をはじめるタイミングではないかもしれません。
その場合は、少しずつ会話を重ねて、婚活を始めたいことを伝えていけると良いでしょう。

自分の親や親戚に再婚を考えていることを伝えておく

シングルマザーの婚活は、周囲の協力なしには難しいシーンが出てくることが予想されます。

例えば良い相手と出会え、デートをする場合、最初からデートの場所に子供を連れて行くわけにはいかない場合も多いでしょう。
子供が学校に行っている間であれば問題ないですが、多くの人は土日がお休みとなるため、誰かに子供を預かってもらう必要が出てきます。

そんな時、事前に両親や親戚などに事情を説明しておき、協力を得られれば、子供を気軽に預けることが出来ます。

また、再婚したいということをあらかじめ知っておいてもらうことで、反対などを受ける可能性も低くなるでしょう。

婚活に割ける時間とお金を整理する

婚活は、少なからず時間もお金もかかります。

もちろん、婚活方法により、かかる時間やお金は変わりますが、相手がいることなので、自分の都合だけに合わせて予定を組めるわけではありません。
また、お金も利用するサービスにより異なるほか、相手とのデートなどで多少の出費は発生します。

時間のコントロールは、前述した両親や親戚などの助けを受けられればそれほど大きな負担なく婚活ができるかもしれません。
しかし、お金は相手の男性によっても変わってきます。
例えば毎度デート代を出してくれる男性であればそれほど費用負担はないかもしれませんが、基本的に割り勘という場合は、会うごとにデート費用が発生するでしょう。

もしも今、時間やお金に全く余裕がない、という場合は婚活をする上でどうしたら時間を捻出できるか、どのくらいを婚活費用に充てることができるかをシミュレーションしておいたほうが、いざという時に焦らず安心です。

 

シングルマザーの婚活を成功させる相手との関係の築き方

シングルマザーの婚活を成功させる上で、次に大切なのは、婚活相手との関係をいかに早めに築いていけるかです。
「離婚歴がある」「子供がいる」といった事情は、決して悪いことではありませんが、特に相手が初婚の方である場合、相手の方にとっては未知の世界なので、少なからず心配事が発生することになります。

そのため、シングルマザーが婚活を行なう場合は、あらかじめ相手にとって課題となりそうなこと、心配事となりそうなことについては、早いタイミングで共有をしておいたほうが、お互いにとって良いでしょう。

早いタイミングで子供がいることを伝える

シングルマザーであることは、早い段階で相手に伝えましょう。

子供がいるということは、それだけで生活スタイルや、考えなければいけないことが、一般的なカップルとは異なります。
特に、これまで子供をもったことがない男性である場合は、余計に不安に感じることがあるでしょう。

中には、男性側にも子供がいるシングルファザーや、子供はいないけれど大好きなので問題ないと捉えてくれる男性もいるので、自分の子供としてしっかりと迎え入れてくれる相手であるかどうかを見極めるためにも、最初からシングルマザーであることを伝えておいたほうが安心です。

交際相手は結婚が前提であることを伝える

シングルマザーの婚活は、「結婚相手」を見つけることを目的に行う人がほとんどでしょう。

そのため、相手には交際をするのであれば「結婚前提である」ということは早めに伝えておきましょう。

男性によっては必ずしも「結婚」をゴールと考えていない人も多数います。
付き合ってみたものの、相手に結婚する意志がない場合、それは時間の無駄となってしまいます。

特に、婚活アプリなどで出会う相手は、必ずしも結婚を意識していない場合も多いので注意が必要です。

離婚理由を共有しておく

もしも相手に離婚歴がある場合、「なぜ離婚をしたのか?」その理由が気になるものです。
それはシングルマザーの場合も同様です。

しかし、離婚の理由はかなり踏み込んだ質問なため、聞きたくてもなかなか相手から切り出しにくい側面があります。

そのため、少しでも進展させていきたいと思っている相手なのであれば、自分から離婚理由について伝えてあげましょう。
何が問題だったのかがわかれば相手も安心できますし、同じことにならないようお互いに気を付けることもできます。

 

シングルマザーが婚活を成功させられなかった事例

シングルマザーの婚活がうまくいかない事例としてよくある理由をご紹介します。
事前に知っておくことで、同じ失敗をしないよう意識することができるので、後悔するような要素を取り除くことができるかもしれません。

子供のことや離婚のことを先に伝えられなかった

交際が始まる前、あるいは始まってすぐに子供のこと、離婚のことを話しておくことができず、後々話したものの、結局破局となってしまったという事例があります。

子供がいるという事実は、相手によってはかなり負担が大きく、人によっては残念ながら受け入れてもらえないことがあります。
また、そのような話を最初に伝えてくれなかったことに対する不信感が募ってしまう場合もあります。

結婚を意識する二人であればあるほど、子供がいるかどうか、離婚歴があるかどうかはとても重要な問題となる場合が多いので、後悔しないようにあらかじめ伝えておく、あるいは結婚相談所のようなあらかじめ相手の状況が分かった状態で会えるサービスを利用すると良いでしょう。

条件面にばかりこだわりすぎた

相手の条件にばかり目を向けすぎて、結局婚活がうまくいかなかったという方はとても多いです。
これはシングルマザーであるかどうかに限ったことではありませんが、必要以上に高い条件を求めすぎるのは、かえって自分の首を絞めてしまうことになります。

また、良い条件の方が、必ずしも子供との相性が良いというわけではありません。
実際会わせてみた時に、子供が気に入ってくれなかった、あるいは、子供に対する接し方が良くなかったといった場合もあります。

シングルマザーだからこそ、子供と結婚相手との相性はとても重要だと考える方は多いでしょう。
本当に必要な条件が何なのか、子供との生活も考え取捨選択をしてみましょう。

自分がシングルマザーであることを卑下しすぎた

離婚歴があること、子供がいることに後ろめたさを感じ、自分を卑下しすぎてしまうと、せっかくの魅力が半減して見えてしまいます。

離婚歴があることも、子供がいることも、まったく悪いことではありません。
自分を卑下しすぎて、せっかく好意を抱いてくれている相手がいるのに「自分なんかが・・・」と後ろ向きな対応ばかりをしていると、そのうち相手から愛想をつかされてしまうので注意しましょう。

謙虚さを持つことと、自分を卑下することは別物です。

相手に依存しすぎた

相手のことが気になり、ついつい居場所を探ったり、連絡を絶えずし続けてしまうような人は、婚活がうまくいかない場合が多いです。

しっかりと自立できておらず、相手に依存しすぎていると婚活はうまくいきませんし、結婚後も常に不安がつきまとい、せっかくの結婚生活もうまくいかなくなってしまうかもしれません。

相手に依存しすぎず、会えない時間があったり、連絡を取り合えない時間帯があったとしても信頼できる相手を選び、自分一人の時間も楽しめるよう自立することも大切です。

子供を盾にわがままを言い過ぎた

「子供との時間があるからこの日でなければ会えない」「子供がいるからこの場所でないと会えない」など、子供が第一優先に考え行動しなければならないのはシングルマザーであれば当然のことと言えるかもしれません。

しかしそれはあくまでご自身の事情であり、それを相手の方も100%理解してくれるのは当たり前でしょ?という態度は、相手を失望させてしまうことに繋がりかねません。

優しく、懐の大きい相手であれば、いちいち言わなくても理解してくれるかもしれません。
ただ、その優しさに甘えすぎて、謙虚な気持ちを忘れてしまうと、婚活はうまくいかなくなってしまう場合もあります。

大切なのは、相手が合わせてくれることを当然と思わないこと、相手に我慢を押し付けないことです。

子供との相性が悪かった

2人の相性が良くても、子供と相手との相性が必ずしも良いとは限りません。

特に、子供の年齢が上がれば上がるほど、関係を構築していくには時間がかかります。

いつどのタイミングで対面させるか、そもそも再婚したいと思っていることをいつ伝えるかなどは、子供との日々のコミュニケーションの中でしっかりと見極めておくことが大切です。

例えば、子供と相手の両方に、直接会わせる前から双方のポジティブな面の話をしておくと、会う前から親近感が湧いて、対面した時にもスムーズに接しやすくなる場合があるのでおすすめです。

 

時間がないシングルマザーに合う婚活方法メリット・デメリット

シングルマザーの婚活方法には、大きく分けて3つ手段があります。
どれもメリット、デメリットはあるので、それらを理解し、自分に最も合う婚活方法で成功を掴みましょう。

婚活アプリ

■メリット
・気軽に始められる
・女性の場合は無料のところも多い
・好きな時間に相手探しが出来る
・会員登録数が多いので、出会いの幅も広げられる

■デメリット
・本人証明が必ずしもしっかりと行われていないことも多いので信頼度が万全ではない
・必ずしも「結婚相手」を探している人ばかりではない
・サービス会社のサポートは期待できないため、何かトラブルがあっても基本的に自分で対処する必要がある

婚活アプリは、気軽に、そして簡単にはじめられるところが最大のメリットです。
しかし、「結婚」を意識していない男性は多いので、交際をはじめてから「結婚願望がない」ことに気づく場合も多く、後々ガッカリする場合がある点は否めません。
また、相手の身元証明が100%行われているとは限らないため、本当に独身なのか、本当に記載の金額の稼ぎがあるのかなどは不透明なので注意する必要があります。

婚活パーティー

■メリット
・一度に複数の相手と対面することができる
・低価格で気軽に参加できる

■デメリット
・どのような相手が参加するのか当日までわからない
・一人あたり10分前後の会話となるため、次も会うかどうかを決めるのが難しい
・パーティーの主催会社によっては必ずしも「結婚」を意識している人ばかりの参加ではない場合もある

婚活パーティーの内容は、主催会社により様々です。
いわゆる結婚相談所に登録している会員同士であれば「結婚」を意識している人たちの集まりになりますが、そうでない場合は、必ずしも「結婚したい」と思っている人ばかりではない可能性があります。
また、当日まで参加者がわからないため、場合によっては何の収穫も得られないこともあり、かえって時間の無駄となる場合もあります。

結婚相談所

■メリット
・入会時にさまざまな証明書の提出が必要となるため、身元が保証されているので安心
・「結婚をしたい」人が登録をしている
・会員間でトラブルが起きても、結婚相談所が仲介してくれるので安心
・担当カウンセラーがついている結婚相談所の場合、相談しながら進められるので一人で行き詰ることがない
・相手の紹介やお見合いセッティングをしてくれる結婚相談所なら、忙しいシングルマザーでも婚活しやすい

■デメリット
・費用がかかる
・女性もがんばってお見合い申し込みなどを積極的に行う必要がある

結婚相談所のメリットは、なんといっても安心感です。
相手の身元が様々な証明書提出により確認できているため、実は独身ではなかったといったことや、年収が正しくなかったといった問題が起こることはありません。
また、カウンセラーのいる結婚相談所であれば、自分で探す手間を省き、結婚相談所に委ねるコースを選択することも可能なので、時間がないシングルマザーにもおすすめです。

一方、他の婚活方法に比べると費用がかかるため、金銭的な余裕がないと難しい側面があります。

とはいえ、確実に、そして子供のためにも安心できる相手を探したいという場合には、結婚相談所という選択をしたほうが結果的に良かったと思える可能性は高いかもしれません。

結婚相談所で婚活を行うメリットと知っておくべき活用方法

 

シングルマザーが婚活を成功させるためのコツと失敗事例まとめ

シングルマザーが婚活を成功させるためのコツと失敗事例について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

シングルマザーの婚活は、色々なことを考慮しながら進める必要があるので、子供のいない女性よりも難しい側面があることは事実です。
しかし、前向きに、しっかりと考えて婚活をすることで、良い相手と出会い、結婚をしている人も大勢います。

婚活で何より大切なのは一人で悩まず、周りの人やカウンセラーに相談をしながら進めることです。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

 

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ