コラム

もう失敗したくない!経験を活かした再婚相手の選び方

記事の監修

エクセレンス青山 成婚カウンセラー

星野 今日子(Kyoko Hoshino)

結婚相談所カウンセラー歴13年。400組以上のカップル誕生をサポート。
大手結婚相談所の新規開拓事業に携わり、人材の育成などに従事。その後、会員様により寄り添った対応ができるエクセレンス青山で活動中。会員様それぞれのお悩みにあった内容で妥協のない夢のある婚活をサポートしています。

プロフィールはこちら

一度は離婚を経験してしまったとしても、また新たに生涯を共にできる再婚相手を見つけたいと思う人は大勢います。

しかし、一方で、また同じ失敗を繰り返してしまったらどうしようと不安に感じつつも、どのような相手の選び方をすればうまくいくのかわからず今一つ再婚相手探しに踏み切れないという人もいるでしょう。

このコラムでは、

・再婚相手の選び方は離婚の経験を活かすことが大切
・再婚相手を失敗せずに見つける選び方
・再婚相手選びに適した婚活方法
・もう失敗したくない!経験を活かした再婚相手の選び方まとめ

について解説します。

これを読むことで、再婚相手を失敗せずに見つける選び方について参考になるので、ぜひ一読の上、さっそく実践してみてください。

 

再婚相手の選び方は離婚の経験を活かすことが大切

再婚相手の選び方は、離婚経験をしっかりと振り返って原因を考え、場合によっては反省し、同じことを繰り返さないようにすることで、次は生涯を共にできる相手と出会える可能性を高くすることができるかもしれません。

なぜ離婚したのか

過去の結婚生活が破綻し、離婚に至ってしまった原因はどこにあったのかを自分なりに整理することが大切です。

もしも離婚理由が自分自身に問題があった割合が大きいのであれば、同じことを繰り返してしまわないよう、どのように相手と向き合えば良かったのかを考えましょう。
例えば、離婚の原因が仕事ばかりになってしまい、家庭のことをすべて相手にまかせっきりにしてしまっていたということであれば、その問題をどのように改善すべきだったのかを理解できていなければ、同じ間違いを繰り返すことになります。

また、相手との価値観の違いなどがあった場合は、次に選ぶ再婚相手については、結婚を決める前にきちんと確認をしあうことが必要でしょう。
よくあるのは、金銭面での価値観や、家族、親戚との接し方や交流頻度などに対する価値観、生活レベルの価値観、子供の教育やしつけなどに関する価値観などが挙げられます。

物事に対する価値観は人それぞれ異なります。
しかし、夫婦となる以上、自分自身が絶対に譲れない価値観があるのであれば、その価値観と同じ考えを持っている相手を選ぶ必要があるでしょう。

逆に、離婚の原因が相手の浮気や暴力など、自分自身には全く非がなく、全面的に相手に問題があったのであれば、恐れず本当に幸せになれる相手を探しましょう。
但し、同じように浮気や暴力などを行わない相手を探す必要があります。
事前に検知するのは難しい面もありますが、一つは自分自身だけで判断するのではなく、友人や家族などにも会ってもらうことで、自分では気づかなかった側面を見つけることができる場合もあります。

また、例えば酒癖に問題がある場合なども、今はそれほど大きな問題に思えなかったとしても、後々DVなどの原因になる可能性もあるので注意が必要かもしれません。
大切なのは目を背けずに、気になることはきちんと確認をすることです。

離婚の原因となる理由

平成29年度の司法統計データによる離婚の理由で多いトップ10は以下となっています。

必ずしも自分自身に当てはまるものではありませんが、他の人達がどのような理由で離婚に至っているかを知っておくことも、再婚相手選びの際に役立つ場合があるかもしれません。
特に、性格があわないという点については生活を共にすることで見えてくる側面もありますが、場合によっては結婚前に合わないなと感じる部分があっても結婚したいが故に見て見ぬふりをする場合もあるかもしれません。
しかし、それは結婚相手を選ぶ上では正しい選択ではないかもしれません。

■夫が妻と離婚した理由
1位 性格があわない
2位 精神的に虐待する
3位 その他
4位 異性関係
5位 家族親族との折り合いが悪い
6位 性的不調和
7位 浪費する
8位 同居に応じない
9位 暴力を振るう
10位 家庭を捨てて省みない

■妻が夫と離婚したい理由
1位 性格があわない
2位 生活費を渡さない
3位 精神的に虐待する
4位 暴力をふるう
5位 異性関係
6位 その他
7位 浪費する
8位 家庭を捨てて省みない
9位 性的不調和
10位 家族親族と折り合いが悪い

結婚相談所は離婚率が高い?低い?その実態と理由について解説

 

再婚相手を失敗せずに見つける選び方

再婚相手を失敗せずに見つける選び方は人それぞれ異なりますが、大切なのは過去の離婚経験を活かして同じことを繰り返さないこと、焦って進めないことが挙げられます。
以下の4つのポイントを意識して再婚相手選びを行うだけでも、相手選びの考え方が変わってくるかもしれません。

離婚をした原因を振り返り同じ失敗を繰り返さないようにする

前述した通り、過去の離婚の原因を振り返り、同じことを繰り返さないようすること、あるいは、離婚原因が相手にあるのであれば、同じことをするような相手を選ばないことが大切です。

ただ好きだからと突っ走らずに、きちんと自分の離婚経験を活かして再婚相手選びを行いましょう。

寂しさや経済的理由だけで焦って相手を決めない

離婚を経験して一人になると、途端に寂しくなったり、経済的に不安定になったりすることで、すぐに次の再婚相手を見つけたいと考える人がいますが、よく考えず相手を選んで結婚を進めると、また同じ失敗を繰り返してしまうことになる場合があります。

自身の結婚生活において何が大切なのか、どのような再婚相手であれば幸せな結婚生活を始めることができるのかを見極める時間と目を持ちましょう。

自分自身だけで再婚相手を見極める自信がない場合は、信頼できる友人や家族にも会ってもらい、感想を聞いてみるのも良いでしょう。
いずれにせよ焦りは禁物です。

結婚を決める前に確認すべきことは話し合いが出来る相手

過去の離婚理由が、相手との価値観の違いなどによるものだった場合、再婚相手は同じ価値観を持っている相手を選ぶ必要があります。
子供のこと、家族のこと、お金のことなど、絶対に譲れない事項があるのであれば、必ず結婚前に相手の考えを確認しましょう。

場合によっては、どちらかが譲歩するといった対応も必要になるかもしれません。
大切なのは、問題が起きた時や、悩みがある際に、遠慮なく相手に相談し合える関係性が築けるかどうかです。

相談したいことや悩みがあるにも関わらず相手に相談がしづらい、気を使ってしまうといった関係しか築けていない場合は、再婚をする相手としてはまだ十分ではないと言えるかもしれません。

子供がいる場合はより慎重に進める

婚姻歴があると、子供がいる場合もあるでしょう。

再婚は、二人の気持ちも大切ですが、それと同じくらい子供の気持ちも大切です。

どのタイミングで子供に話をするか、子供と会ってもらうかなど、子供の年齢や性格によってもタイミングを慎重に見極める必要があります。

子供のことをあまり考えてくれない再婚相手とは、そもそも結婚を進めるべきではないため、そういった面も含めて慎重に確認をしながら進めましょう。

 

再婚相手選びに適した婚活方法

再婚相手を選ぶ際には、どのような婚活方法を行うのが良いのでしょうか。

現在は婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所など、様々な婚活方法があり、自身の好きな方法で気軽に婚活を始めやすくなりました。

しかし、もしも真剣に再婚相手を見つけたいと考えているのであれば、最も適した婚活方法は結婚相談所だと言えます。
その理由は様々ありますが、特に再婚相手を見つけたいと言う人にとって重要なポイントとなる3点についてご紹介します。

お互いに結婚したいという意思が明確にある相手と出会える場所

婚活アプリは、結婚相手を探している人もいれば、単に恋人や遊び相手を探す目的で活動をしている人も大勢いるのが現実です。

実際に結婚相談所に登録にくる人の中には、婚活アプリで活動してみたものの、結婚への意志が感じられない人や真面目に相手探しをしていると感じられない人が多く、またプロフィールの内容なども信頼できないためやめたという人が大勢います。

その点、結婚相談所は、婚活アプリよりも登録に多少手間がかかる分、真剣に結婚相手を探したいと言う人だけが活動を行う場なので、再婚相手を見つけたいと考えている人にとっても最もおすすめの婚活方法と言えます。

離婚経験があることが事前にわかっていたほうが良い

結婚相談所には、離婚経験のある会員も多数登録をしています。

プロフィールに婚姻歴についての記載があるため、あらかじめその会員が初婚なのか、離婚歴があるのかなどがわかるようになっているため、出会ってから「実は離婚経験があって・・・」と話をする必要がないのも、離婚経験のある人にとってはメリットと言えるでしょう。

また、年齢が上がっていくにつれ、逆に婚姻歴があるほうが安心できるという人も少なくありません。
もちろん離婚理由にもよりますが、離婚経験は決してマイナスではないとも言えるのです。

【バツイチの婚活事情】バツイチは婚活でモテる?バツイチ子持ちは?

離婚原因となった内容を最初に伝えておける環境がベスト

結婚相談所では、あらかじめプロフィールで婚姻歴がわかるようになっています。

また人によってはプロフィールに離婚理由を記載したり、お見合いの席で最初に離婚理由を説明したりできるため、お互いにいつ離婚の理由について話そう、いつ離婚の理由について聞こうと気を使いすぎる必要がないのもメリットです。

離婚理由だけではなく、両親との同居希望や子どもの有無など、細かな情報も事前に知ることができるため、価値観のすり合わせなどがしやすいという点においても、再婚相手を選びに適している活動方法であると言えるでしょう。

 

もう失敗したくない!経験を活かした再婚相手の選び方まとめ

離婚経験は必ずしもマイナスではないため、あとは自分自身が同じ失敗を繰り返さないためにも原因を明確にし、相手選びを行うことが大切です。

もしも自分だけで見極めるのは自信がないという場合は、結婚相談所のカウンセラーと相談をしながら二人三脚で進めていくことで、安心して再婚相手を選ぶことができるかもしれません。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。
壁にぶつかった時、分からないことがある時なども、すぐに相談をして解決していくことができるため、婚活の難しさを軽減させることができます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

 

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ