コラム

婚活をやめたくなる時におすすめの対応法

記事の監修

エクセレンス青山 成婚カウンセラー

星野 今日子(Kyoko Hoshino)

結婚相談所カウンセラー歴13年。400組以上のカップル誕生をサポート。
大手結婚相談所の新規開拓事業に携わり、人材の育成などに従事。その後、会員様により寄り添った対応ができるエクセレンス青山で活動中。会員様それぞれのお悩みにあった内容で妥協のない夢のある婚活をサポートしています。

プロフィールはこちら

 srcset=

婚活を始めてみたものの、なかなかうまくいかない現実の壁にぶつかってしまい、婚活をやめたいと思うようになってしまう人は決して少なくありません。

婚活は自分一人で進めていけるものではないため、想像しているよりも簡単に進めていくのは難しいものです。
その大変さを理解せずに「婚活をすればすぐに相手は見つかるだろう」と軽い気持ちで始めると挫折してしまうことにもなりかねません。

このコラムでは、

・婚活をやめたくなる時におすすめの対応法
・婚活をやめたくなるのはどんな時?
・婚活をやめたくなったらどうすれば良い?
・婚活を始めるときにあらかじめ知っておくと気持ちが楽になること
・婚活をやめたくなる時におすすめの対応法まとめ

について解説します。

これを読むことで、婚活をしている人はどのようなことでやめたいと思うような壁にぶつかってしまうのかがわかる他、やめたいと思った時に気持ちを立て直す対処法がわかります。
これから婚活を始めたいと考えている人、また今まさに婚活をしていてやめたいと考えている人の参考になるのでぜひ最後までお読みください。

 

婚活をやめたくなるのはどんな時?

では、実際に婚活をしている人たちが、婚活をやめたいという気持ちになってしまうのはどんな時なのかをご紹介します。
実際に婚活をしている会員の方々がよくぶつかる壁は、主に3つの原因によるものが多いのが実情です。

良いと思う人に出会えない

婚活をやめたいと思う一番多い理由は、自分が良いと思う人に出会えないというものです。

自分が良いと思う人に出会えない原因は、大きく分けると以下の二つが挙げられるでしょう。

①自分の条件や理想に合う相手がいない
②色々な人に会ってみるものの、なかなか性格の合う相手に出会えない

①は、様々な条件を兼ね備えた相手でなければなかなか気持ちが盛り上がらないタイプの人に多いと言えます。
そのため、条件が合わない相手とはなかなか会うこともしません。
しかし、例えば条件が良くても実際に会ってみると性格が合わないといったことも多く、だからといって何かを諦めることもできず相手には常に自分の理想を求めるため結果的に良いと思える人に出会えず、婚活をやめたいという負のループに入ってしまうパターンです。
このタイプの人は、自分が結婚する相手に本当に必要な条件の見直しや、もう少し直接相手に会ってみるといったこれまでとは異なる対応を行う必要があるでしょう。

②は、求める相手の条件はあるものの、それに縛られ過ぎず色々な人と会って話をしてみるタイプです。
婚活では、基本的にはこの姿勢を持っている人のほうがうまくいく可能性が高いと言えます。
しかし、性格の合う相手にいつ出会えるかは誰にもわかりません。
1回目のお見合いで出会える人もいれば、30人会っても出会えない人もいます。
なかなか良い相手に出会えない日々が続いてしまうと、先の見えない婚活に疲れてしまい、婚活をやめたいという気持ちになってしまいがちです。
とはいえ、婚活はやめてしまうとそこで終わりになってしまう可能性が高くなります。
諦めず、細く長くでも続けることが大切と言えます。

自分が良いと思っても相手に気に入ってもらえない

自分は相手のことを気に入っても、相手にも自分のことを気に入ってもらわなければ交際は進んでいきません。

残念ながらいつも自分は気に入っても相手に気に入ってもらえることが少ないという場合、自分は誰にも求められていないのではないかと考えるようになり、婚活をやめたいという気持ちに陥ってしまいがちです。

この場合は、なぜ相手に気に入ってもらえることが少ないのかについて、冷静に考えて見ることが必要です。
例えば断られることが多いのがお見合いを行う前なのか、お見合いを行った後なのかにより、考えられる原因が異なります。

自分だけで考えてみても原因がよくわからないという場合は、結婚相談所のカウンセラーに相談をするのがおすすめです。
結婚相談所のカウンセラーであれば、様々な会員のカウンセリングを行ってきている経験から、原因を一緒に考え、解決するためのアドバイスをしてくれるでしょう。

関係を築いていく過程が面倒になる

何となく良いなと思える相手と出会えたものの、好きだなと思う関係を築き上げていくまでの過程でのやりとりが面倒になってしまい、婚活は向いていないかも、やめたいな、と考える人がいます。

例えば婚活アプリなどでも、メッセージのやりとりが面倒でやめたいと言った話を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

最初から好意を持てた相手の場合、むしろメッセージのやりとりが楽しいと感じられるものですが、まだそこまでの関係にも至っていない場合、お互いが心地よいと感じるメッセージのやりとりのペースが違ったり、日常の他愛ない内容のやりとりが面倒に感じられてしまったりすることは少なくありません。

お互いを知って行く上でコミュニケーションは必須ですが、それを楽しいと感じられない場合、無理に続けても億劫になってしまうだけであり、その関係は発展していく確率が低いかもしれません。

この場合は、無理にその相手との関係を築いていこうとすることで疲れてしまい、婚活をやめたいという気持ちがより強くなってしまう可能性が高いため、新たな相手探しを始めた方が良いと言えるかもしれません。

 

婚活をやめたくなったらどうすれば良い?

婚活をやめたいなあと思っているけれど、結婚はあきらめたくないという場合、どうすれば良いのでしょうか。
婚活をやめたくないけれど、婚活をやめたいという気持ちになってしまい悩んでいる方のためにおすすめの方法についてご紹介します。

婚活以外のことにも時間を使おう

結婚したいと考えているのであれば、婚活に一生懸命に取り組むことは大切なことです。
しかし、婚活のことで頭がいっぱいになってしまい、その上、その活動がうまくいっていないと心に余裕がなくなってしまい疲れてしまいます。

疲れた気持ちで婚活を行なうと、相手にも伝わってしまい更にうまく進んでいかなくなると言う負のループにハマってしまうことは少なくありません。

婚活は真剣に取り組むべきことですが、仕事以外の全ての時間を婚活に費やしてしまうと息抜きができずおすすめできません。
友達と出かけたり、趣味に時間を使ったりすることも大切です。

上手くバランスをとって活動を行いましょう。

なぜやめたくなったのかを誰かに相談しよう

婚活をやめたくなる時、そこには必ず何らかの原因があります。

自分一人で抱え込んでも、出口の見えない悩みに一層落ち込んでしまいがちです。

そんな時はやめたいという気持ちに至った理由を、誰かに相談しましょう。

相談相手は友達や家族でも良いですが、もしも結婚相談所にカウンセラーがいるのであれば、カウンセラーに相談するのがおすすめです。
担当のカウンセラーは会員の方の活動について最も把握できているため、悩んでいることを相談すれば必ず力になってくれます。

何も言わずにただ抱え込んでいるだけでは誰にも気づいてもらえないので、悩みが出てきたらすぐに相談をしていくことが婚活では大切です。

疲れのせいでやめたいと思うなら思い切って一時休止しよう

婚活以外のことにも手がつかなくなり、とにかく疲れてしまったという場合は、思い切って一度婚活から離れてみることもおすすめです。

期間を2か月など決めて一旦婚活をお休みしてみると、気持ちが軽くなりリフレッシュでき、あらたに婚活を始めると全く違う前向きな気持ちで活動できるようになる人は少なくありません。

結婚相談所には休会というシステムがあり、その結婚相談所が定めた期間内であれば料金などはかからずに婚活をお休みすることができるので、少しお休みしたいなと思う場合は利用して見ると良いでしょう。

休会して十分に気持ちを充電してから婚活を再開すると、突然良い相手が見つかったと言う例もたくさんあります。

 

婚活を始めるときにあらかじめ知っておくと気持ちが楽になること

婚活がどのようなものかを活動を始める前に知っておくと、途中でこんなはずではなかったとしんどい気持ちになることを防ぐことができる場合があります。

婚活は半年や1年で終わるものではない

特にこれまでモテてきた経験のある人、容姿などを褒められることが多かった人が挫折しやすいのは、婚活を始めたらそうは言っても数ヶ月ほどで相手が見つかるのではないかと思っていたところ、実際にはなかなか出会えずに活動がうまくいかない時です。
そしてこれは年齢が上がるほどに陥りがちな事象です。

婚活は始めてすぐに良い人と出会い、2~3か月で成婚する人もいますが、2年経ってもなかなか自分の求める相手に出会えないと言う場合も少なくありません。

数ヶ月で出会えるだろうという気持ちで始めると、すぐに現実とのギャップに落ち込んで婚活をやめたいという気持ちになってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

婚活が数ヶ月で終わるという考え方は、多くの人にとっては現実的ではないということを理解しておきましょう。

結婚相談所の平均お見合い回数データからわかる成婚への道のり

自分から積極的に動かなければ相手は見つからない

婚活アプリを始めたり、結婚相談所に入会したりしても、ただ相手からのアクションを待っているだけでは婚活はうまくいきません。

例え女性であろうとも、自分から積極的に相手にお見合い申し込みをしてアピールしていくことが必要です。

これが出来ずにただ待っているだけだと婚活は進まず、誰とも出会えないため、結局婚活をやめたいという気持ちになってしまいます。

婚活はアプリや結婚相談所に登録しても、まだスタートラインに立ったとは言えません。

そこからいかに行動をしていくかが重要なので、自分から積極的に相手に申し込みをしていくことではじめてスタートラインに立ったと考えましょう。

結婚相談所の成婚率は実際のところ高い?低い?その実態とは

 

婚活をやめたくなる時におすすめの対応法まとめ

婚活に限らずうまくいかないことがあると、やめたいという気持ちになってしまうのは自然なことです。

しかし、今婚活をやめてしまうと、数年後に、なぜあの時やめてしまったのかと後悔することになるかもしれません。
なぜなら婚活は、やはり年齢が上がるごとにその難易度が高くなるためです。

今もしも婚活をやめたいという気持ちになっている場合、この先本当に結婚しなくても後悔しないのかを良く考えてみましょう。
まだ結婚したいという気持ちが少しでもあるのであれば、完全にやめるのではなく、上記でアドバイスをしたような息抜きや一時休止をして気持ちを切り替えてみましょう。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。
壁にぶつかった時、分からないことがある時なども、すぐに相談をして解決していくことができるため、婚活の難しさを軽減させることができます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ