コラム

結婚相談所での仮交際とは?仮交際の流れや成功させるポイント

結婚相談所では、お見合いが終わり二人の相性がよければ次のステップとなる「仮交際」に進みます。

「仮交際」は、結婚相談所特有の交際形態といえます。
では仮交際とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

このコラムでは、

・結婚相談所の仮交際とは
・結婚相談所でのお見合いから成婚までの流れ
・結婚相談所での仮交際から真剣交際に進めるためのポイント
・仮交際がうまくいかないよくある理由

について解説します。

これを読むことで、結婚相談所での「仮交際」がどのようなものかがわかるほか、仮交際から成婚につなげていくためのポイントについても詳しく知ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

結婚相談所の仮交際とは

結婚相談所では、お見合いをした後、「仮交際」というステップに進みます。

お見合い時間は1時間程度で終了することがルールとなっているため、結婚相手として最適な相手かどうかを見極めるには不十分です。
そのため、何度かデートを重ね、真剣に交際をする相手として考えられるかどうかを検討する期間となるのが「仮交際」です。

仮交際中は、他の方とのお見合いを行うことや、並行して複数の方と交際することが認められています。

「交際」という名前がついているものの、ふたりの関係性は、友達以上、恋人未満と考えると良いでしょう。

仮交際中に結婚相手として考えられる相手かどうかをしっかりと見極めて、次のステップに進めていくことになります。

真剣交際との違い

結婚相談所では「仮交際」の次のステップとして、「真剣交際」があります。

真剣交際は、まさしく結婚相手として真剣にお付き合いをしたい場合に進めるステップになります。

そのため、仮交際とは違い、真剣交際中は他の方とのお見合いや交際は一切できません。
つまり二人の関係は「恋人」になります。

真剣交際中は、一人の人と真剣に向き合い、お互いの望むことや考え方を共有して、結婚に向けた意思確認を行っていきます。

結婚相談所での真剣交際とは?仮交際との違いや成婚までの流れ

 

結婚相談所でのお見合いから成婚までの流れ

結婚相談所では、以下のような流れで成婚まで進めていくことになります。

お見合い申し込み
 ↓
お見合い
 ↓
仮交際
 ↓
真剣交際
 ↓
成婚

多くの場合、仮交際、真剣交際の期間はそれぞれ3か月と定められており、その期間内でお互いの気持ちを確かめつつ次のステップに進めていく形になります。

この3か月という期間を聞くと、短いと感じる方もいるでしょう。

しかしお互いに好意をもてるかどうかは、それほど多くの時間を要しない場合が多いのが実情です。
仮交際は本来の「交際」とは異なるので、この期間を長く持ちすぎてもお互いに踏み込んだ交際はできません。

お互いに好意があるとわかれば、早めに真剣交際に進めて、しっかりと向き合った交際をしたほうが有意義な交際期間を持つことが出来、成婚にもつながりやすいのです。

 

結婚相談所での仮交際から真剣交際に進めるためのポイント

結婚相談所での婚活は、いかに仮交際から真剣交際に早めに進めていけるかが重要です。
そのためには、最低限下記のポイントを意識して交際を行うことが重要となります。

仮交際の人数は2~3人までに絞る

仮交際は、人数制限がありません。
そのため、多い人は5~6人の相手と仮交際を同時進行させる人もいますが、この場合、あまりうまくいかない場合があります。

1か月に5人の方とデートをする場合、毎週末を使ったとしても実際に会えるのは1か月に1日もしくは2日程度となります。

しかし、月に1、2度しか会わない相手とは、なかなかコミュニケーションを深めていくことはできません。

仮交際は、多くても3人までに絞り、それぞれの相手としっかりコミュニケーションをとって、その中から真剣交際に進めていく相手を絞り込んでいくことが大切です。
仮交際中も、できれば毎週会う時間をとり、積極的にお互いを知っていく努力をしていく必要があります。
そうでなければ、なかなか真剣交際には進めていけないでしょう。

仮交際中に確認しておくべきこと

仮交際は、その相手が「結婚相手」として最適であるかどうかを見極める期間です。

そのため、ただデートをして他愛もない話をして過ごし続けるだけでは足りません。

デートをしてお互いを知ることももちろん大切ですが、同時に、結婚相手として求めることや、確認しておきたいことなども話をすることも意識しましょう。

例えば子供を欲しいと思っているかどうか、結婚後も夫婦共働きとしたいかどうかなど、生活に大きく関わる部分でお互いの考えに相違がある場合、仮にその先に進んでもうまくいかない可能性が高くなります。

そのため、自分にとって重要な内容については、真剣交際に進める前に必ず確認をしてください。

仮交際の期間の3か月を意識する

仮交際の期間は、お見合いをしてから3か月間と定められている場合が多いです。

仮交際はあくまで友達以上、恋人未満といった関係性なので、この期間をあまり長くとってもお互いをより深く知るには不十分といえます。

3か月もあれば、好きになれる相手かどうか、結婚相手として考えらえる相手かどうかの判断はある程度ついてくるでしょう。
結婚相手として必要最低限の確認ができ、お互いに好意があるとわかったら、早めに真剣交際に進め、より深い関係を築くために専念することが大切です。

 

仮交際がうまくいかないよくある理由

仮交際がうまくいかず、真剣交際に進めないまま終わってしまうということ繰り返してしまう人がいます。
そこでここでは、仮交際がうまくいかない人のよくある例についてご紹介します。

真剣交際に進めることを意識した交際ができていない

仮交際中のコミュニケーションが、単なるデートだけとなってしまい、お互いに結婚に向けての真剣な話ができていないと、なかなか真剣交際に進めるきっかけをつかめず、交際が終了となってしまうことはよくあります。

特にこの場合、男性側がある程度リードしていかなければ、女性は「この人は結婚をするつもりがあるのだろうか」と不安を感じ離れていきます。

結婚相談所での交際は、通常の交際とはやや異なる部分があります。
お互いに結婚を意識したうえでの交際なので、ただデートして「楽しかったね」で終わるだけの日々を積み重ねていてはなかなか真剣交際にも進んでいかないことを理解しておきましょう。

仮交際の人数が多すぎる

仮交際に人数制限がないため、多くの相手とお見合いをし、仮交際に進めた結果、モテていると勘違いしてなかなか相手を絞り切れず、結果的に誰とも真剣交際に進めないまま仮交際が終了となってしまうという方がいます。

日常の中で複数の異性と同時期にデートに行くということはあまりないシチュエーションなので、それをモテていると勘違いしてしまう例です。

仮交際中も一人一人と真剣に向き合ったコミュニケーションをとらなければ、真剣交際に進められることはまずありません。

 

結婚相談所での仮交際とは?仮交際の流れや成功させるポイントまとめ

結婚相談所での仮交際とは?仮交際の流れや成功させるポイントついて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のコラムのポイントは、

・結婚相談所における「仮交際」とは、お見合い後、何度かデートを重ね、真剣に交際をする相手として考えられるかどうかを検討する期間である
・真剣交際との違いは、複数の人と交際できるか、できないかである
・仮交際をする相手は2~3人に絞り、交際期間を意識しつつ、真剣交際に進めてよい相手かどうか必要なことをしっかりと確認することが大切である
・仮交際の人数が多すぎる場合や、仮交際中のデートでお互いに結婚を意識したコミュニケーションをとっていなかった場合、真剣交際に進められないまま終わることが多いので注意が必要

でした。

結婚相談所は、お互いに結婚相手を探すために活動しているため、交際中もそのことを意識したコミュニケーションをとっていくことが大切です。
仮交際中のルールは、結婚相談所によっても多少異なるため、入会する際には、交際期間やその他ルールについて自分にとって適した内容かどうかをしっかり確認しておきましょう。

エクセレンス青山ではトライアルコースを試してみることで、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ