コラム

【これで完璧!】お見合いを成功させる会話と大切な事前準備

結婚相談所に入会をして最初に相手と会うことができるドキドキの瞬間、それがお見合いです。

初めてのお見合いはこれまで経験をしたことがないためわからないことが多く、特にお見合いではどのような会話をすればよいのか見当もつかず不安という方も多いでしょう。
お見合いの席は相手との今後の縁を繋げていくことができるかどうかが決まる重要な分かれ道なので、会話の内容はもちろん、事前準備もとても大切です。

そこでこのコラムでは、

・結婚相談所でのお見合いの会話で最も大切なこと
・お見合いで盛り上がる会話の内容例
・お見合いで失敗するタブーな会話内容
・お見合いは事前準備が重要
・お見合いを成功させるためのポイント

について解説します。

これを読むことで、お見合いの席でどのような会話をすれば良いのかやそのコツ、またお見合いを成功させるための事前準備のポイントなどについて解説します。お見合い時の会話の参考になるのでぜひ実践してみてください。

 

結婚相談所でのお見合いの会話で最も大切なこと

結婚相談所で出会った相手とのお見合いの会話で最も大切なことは、次もまた会いたいと思ってもらえる時間を共有できるかどうか、そして自分自身もまた会いたいと思える相手かどうかをジャッジすることです。

お見合いの時間は約1時間と決まっています。
つまりその中で次もまた会うかどうかを判断しなければいけません。

お見合い時間を楽しく過ごすことはもちろんですが、結婚相手として重要な内容に関しては、お見合いでの会話の中でうまく会話に盛り込んで聞いてみると良いでしょう。

結婚相談所のお見合いにまつわる疑問を徹底解説

 

お見合いで盛り上がる会話の内容例

お見合いでは以下のような内容を掘り下げていくと、相手との共通点や意外な一面などを発見することができ会話を弾ませることができます。

プロフィールで見つけた共通点について

お見合い相手のプロフィールには、お見合いでの会話ネタとなる内容で溢れています。

お見合いを申し込んだ側、受けた側どちらであってもその相手とお見合いをしようと思ったということは、プロフィールの中に何らかの共通点や魅力的なポイントがあったからと言えるでしょう。

お互いの中に共通する何かがあることは、結婚相手として重要です。
共通点であればお互いに興味・関心のあることなので、それらに関する内容を話すことで自ずと会話も盛り上がるでしょう。

趣味やハマっていることについて

相手がハマっていることや趣味について質問してみましょう。

趣味については相手のプロフィールにも記載があるので、自分も興味があることであれば深堀をしてみると良いでしょう。
もし経験をしたことがない趣味でも、自分も体験してみたいことであれば相手は喜んでその楽しさや魅力をシェアしてくれます。

食の好みや料理について

結婚をしたら毎日食事を共にするので、食の好みはとても重要です。

どんな食事を好むのか、お休みの日は外食をするのか、自分で料理をするのかといった内容は聞きやすい質問です。
また、食に関する習慣や好みが同じだと次にデートする場合のお店選びもしやすくなるため会話も広がります。

男性も女性も料理好きは人気があるので、もしも自分が料理をする場合、そして相手のことを気に入った場合は、さりげなく相手の好きなものを作ってあげるといったアピールもしやすくなるでしょう。

お休みの日の過ごし方について

休日の過ごし方についても質問してみましょう。

普段から余り出かけず家で過ごすのが好きな人、基本的にはどこかに出かけたい人など、休日の過ごし方の好みも人それぞれ異なります。

例えば自分は基本的に外出したいタイプなのに、相手がインドア派で家過ごしたいというタイプの場合は生活スタイルが合わないかもしれません。
逆におもしろそうな過ごし方をしている相手には、自分が普段触れたことのない世界を知るきっかけとなり相手への興味が湧く可能性もあります。

結婚観について

結婚に何を求めるかは、結婚相手としてはとても重要なポイントです。

結婚生活をどのように過ごしたいと考えているか、結婚相手にどんなことを求めるか、子供は好きかどうかなど、お互いの家族との関わり方など、結婚相手として知っておきたい内容はたくさんあります。

踏み込んだ内容は交際に入ってからの確認としつつも、基本的な考え方は聞いておくと良いでしょう。
考え方が似ていれば結婚相手としては申し分ありません。

逆にあまりにもかけ離れた考え方を持っている人の場合は、結婚をしても何かと考え方の相違により衝突してしまうことが考えられるため、結婚相手としては難しいと判断することもできます。

家族について

家族とどのような関わりを持っているのか、仲がいいのかなどは、これから家族になるかもしれない相手としては気になるところです。
どんなご家族なのか、兄弟がいる場合は頻繁に連絡をとりあったりするのかなど、家族とどんな関係性なのかはさりげなく聞いてみると良いでしょう。

但し、話しの流れで住まいについての内容となった場合は別ですが、唐突に先々田舎に帰りたいと思うか、両親の老後のサポートはどのように考えているか、といった内容は親しい間柄でない相手に話したがらない人もいるので踏み込みすぎないよう注意しましょう。

仕事について

仕事は、一日のうちもっとも時間を割いている事柄なので、お互いに話しやすい内容です。

どんな仕事をしているのか、職場の人とは仲が良いのか、忙しいのかどうかなど、仕事内容や日頃の様子を聞くことで、仕事への情熱度合いや職場環境について確認ができます。
また、仕事の忙しさ度合いを聞くことにより、その後交際に入った場合、なかなか連絡が返せない場合なども仕事の忙しさについて理解ができているため良いでしょう。

ただし、仕事の話ばかりをし続けると単なる打ち合わせや同僚との会話のような印象となってしまい、交際相手として進展しにくい場合もあるので注意が必要です。

 

お見合いで失敗するタブーな会話内容

お見合いの席で会話を楽しむことでお互いに良い印象をもつことができるため、会話を弾ませることも大切ですが、それと同時にプロフィールの中で気になっていること、自分の結婚観と合っている人であるかどうかを少しでも確認できると良いでしょう。

しかし、お見合い時の会話にもルールがあり、気になっているからと言って必ずしもすべてを聞いてよい席ということではありません。
お見合い時にタブーとされる会話のルールは結婚相談所によっても異なりますが、多くは以下のような内容をお見合い時に聞くことはNGとしている場合が多いので必ず事前に確認をしましょう。

お見合い後、「相手がお見合いルールを理解していない質問をしてきた」という理由で次の仮交際に進めることをNGとする人は意外といるものです。

婚活の状況や期間について

相手に婚活の状況について聞くことはNGとしている結婚相談所がほとんどです。

例えば以下のような質問はルール違反となる可能性が高いので注意しましょう。

・結婚相談所での活動期間
・どこの結婚相談所に登録をしているのか
・何人くらいとお見合いしたか
・現在仮交際中の相手はいるか

婚活の状況はお見合いの会話では触れないのがマナーです。
自分が話をする分には構いませんが、相手に聞くことはやめましょう。

年収や貯金などお金について

年収や貯金についてはプロフィールで開示されていますが、例えば年収以外の資産について家屋や土地といった記載がある場合、どのようなものがあるのかは気になるでしょう。

しかしお金に関わる内容もプライベートな情報なので、お見合いの会話で根ほり葉ほり聞くことは失礼にあたります。

親しくなって初めて聞くべき内容なので、気になるからと言ってお見合いの席の会話にするのは避けましょう。

下の名前や住んでいる場所など個人情報に関わることについて

お見合いの席で本人を特定できる個人情報を聞くことは禁止されています。

お見合い時にはお互いに苗字しか知らない状態なので、下の名前を聞くことはやめましょう。
また、住んでいる場所や会社名といった情報も会話にあげるのはNGです。

たまに男性が名刺を差し出す場合があります。自分が渡すだけなら良いのでは?と考える人もいますが、相手はフルネームを開示しているのに自分が開示しないことに罪悪感をもってしまう女性も少なくありません。
相手のためにも、自分勝手な行動をすることは慎みましょう。

最低限のルールすら守れない男性は、結婚相手としても好まれません。

これまでの交際・婚歴について

相手のこれまでの交際相手の人数や特徴、別れた原因などについて聞くこともお見合いの会話ではNGです。

また、相手に離婚歴がある場合も、自分から理由について話してこない限りはお見合いの席でいきなり聞くのは避けた方が良いでしょう。

離婚理由は人それぞれ異なり、場合によっては信頼できる相手にしか詳しく話したくないという人もいます。
まだお見合いしかしておらず、これから交際に進んでいくかも分からない相手には話したがらないこともあるので注意してください。

 

お見合いは事前準備が重要

お見合いは、未来の伴侶になるかもしれない相手との大切な第一歩となる時間です。

良い相手と出会えても準備不足により相手に気に入ってもらえなかったら、せっかくの機会も実を結びません。
当日をベストな状態で迎えるためにも、事前の準備をしっかりと行いましょう。

お見合い相手のプロフィールはしっかり内容を確認

お見合いが決まったら、相手のプロフィールを再度確認し、前述した会話の内容に役立ちそうな情報を洗い出して、当日の会話内容をシミュレーションしましょう。

女性がお見合い後にあげるお断り理由として、「相手の方が自分のプロフィールを全然見ていないようで、興味がないと感じた」というものがあります。

お見合いの席では、いかに相手に対して興味・関心を持っているかを示すことも重要です。

プロフィールを見ていればわかるような「兄弟はいるか」「趣味はあるか」といった質問は、ともすると失礼にあたります。
聞き方としては、「妹さんがいるようですが、たまに会ったりされますか?」「映画が趣味とありましたが、どんな映画を見ますか?」といったように、知っていることをベースにした追加の質問をするべきです。

相手のプロフィールはポイントをおさえて記憶し、会話に活かせるようにしておくのがベストです。

遅刻厳禁!お見合い場所までのルート確認

お見合い場所へは、遅くとも時間の5分前には到着するようにしましょう。

当日は遅刻をしないよう、あらかじめルート確認をしておくことは必須です。
特に新宿駅や東京駅付近のホテルラウンジなどを利用する場合、駅構内やホテルに入ってからもお店までの距離がかなりあるので、行ったことのない場所でお見合いの際には15分ほど前には到着できるよう出発しておくと安心です。

また、ラウンジなどで予約が出来ていない、あるいは予約ができないお店の場合、男性が早めに行って席を確保できるようにしておきましょう。

服装・身だしなみは要チェック

「写真の印象と実際に会った時の印象が違った」
これはお見合いのお断り内容として比較的よくある理由です。

お見合いの写真はフォトスタジオでヘアメイクをプロに仕上げてもらっているため、普段の自分よりも写りが良いという場合があります。
しかし、相手はその写真を見てお見合いをしたいと思って来ているので、少しでも写真の状態に近づけておくことも重要です。

服装もできれば写真と同じものを着用するか、あるいは印象が似ているものを着ていくのがおすすめです。
女性の場合は、写真でヘアスタイルをおろしている場合は、お見合い時も同様にしていくと印象がかけ離れすぎず良いでしょう。

洋服がシワシワであったり、爪がのびすぎていたり、肩にフケがのっていたりするとマイナスの印象を与えてしまいますので、細かなところまで忘れずにチェックを行いましょう。

 

お見合いを成功させるためのポイント

お見合いでは相手が見ているのは会話力だけではありません。
初めて会う相手だからこそ、お互いにそのほかの細かな振る舞いも気になるものです。

逆に言えば、話し下手で会話が続かなかったり、思うように切り返せなかったりした場合でも、それ以外の部分で良い印象を持ってもらえれば相手も気に入ってくれる場合があります。
特に以下のような点を意識してみると良いでしょう。

最初の挨拶から笑顔を忘れずに

出会ったその瞬間からお見合いは始まっています。

最初に目が合った瞬間のお互いの印象は、とても大切です。

顔をあわせたらまずは笑顔で目を見て挨拶をしましょう。
それだけで相手が受ける印象は良いものになり、会話も弾みやすくなるでしょう。

共感力が重要

相手が話をしている間はしっかりと耳を傾け、相槌をうちましょう。
また、会話の内容で共感できるところがあれば、それを伝えていきましょう。
自分の話に共感してもらえると、話している相手としてはうれしいものです。

逆にあまり興味のない話であったとしても、お見合い時間の間は笑顔を忘れず聞くようにしましょう。

意外と見られている相手への細かな配慮

椅子へ座るタイミング、飲み物を頼む時、途中で飲み物がなくなった時、会計をする際の気遣いなど、お見合い中は会話の内容以外も色々とチェックされていることを忘れてはいけません。
これは男女問わず両方に言えることです。

ただし、基本的にお見合いの席では男性リードで進めることが大前提となっています。
そのため、相手に飲み物を確認することや、途中で飲み物がなくなった際に気付いてあげられるか、会計時の対応など、配慮すべきことが様々あります。
相手のことを思いやった行動ができる男性は女性からの好感度は高いので、お見合いの席ではぜひレディーファーストのスキルを上げていくよう努力してみてください。

また、女性は男性がリードしてくれることを当然と思わず、してくれたことに対してはしっかりとお礼を言いましょう。
最低限の礼儀ができていないようでは、いくら素敵な外見であっても男性からは好まれません。

 

【これで完璧!】お見合いを成功させる会話と大切な事前準備まとめ

【これで完璧!】お見合いを成功させる会話と大切な事前準備について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

お見合いでの会話は、初めての相手ということもあり緊張するのは当たり前です。
大切なのは、いかに相手のことを考え準備できるか、そして当日相手との会話を楽しむことができるか、です。

価値観やフィーリングの合う相手であれば、多少会話がスムーズに進まなかったとしても成功する場合もあります。
ルールをしっかりと守って、事前準備をおこなうことを忘れずにお見合いの日を迎えましょう。

なお、お見合いについて不安なことがあれば、結婚相談所のカウンセラーに相談し、解決してくことをおすすめします。
エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ