コラム

結婚相談所での真剣交際とは?仮交際との違いや成婚までの流れ

結婚相談所での交際には「仮交際」と「真剣交際」の2つの過程があります。
仮交際と真剣交際には明確な違いがあるので、それぞれの違いをしっかりと理解することが必要です。

このコラムでは、

・結婚相談所でのお見合いから真剣交際、成婚までの流れ
・仮交際と真剣交際の違い
・真剣交際は何回目のデートで決める?決め手は?
・真剣交際がうまくいかず破局して別れる場合
・真剣交際を成功させて成婚に進めるために気を付けるべきこと
・結婚相談所での真剣交際とは?仮交際との違いや成婚までの流れまとめ

について解説します。

これを読むことで、結婚相談所における真剣交際の流れやルールについて理解でき、成婚にむけた活動をよりスムーズに進めていくことができるのでぜひ参考にしてみてください。

 

結婚相談所でのお見合いから真剣交際、成婚までの流れ

結婚相談所での活動は以下のような流れで進めていきます。

入会
 ↓
お見合い
 ↓
仮交際
 ↓
真剣交際
 ↓
プロポーズ
 ↓
成婚・退会

仮交際と真剣交際は、同じ交際でもその内容には大きな違いがあります。
それぞれにルールも異なるので、しっかりと理解をしたうえで交際を進めることが必要です。

 

仮交際と真剣交際の違い

結婚相談所における「仮交際」と「真剣交際」とは、一体どのようなものなのでしょうか。
この2つの段階を踏んだ交際期間があることが、一般的な交際とは大きく違う点となります。

仮交際

お見合いをした後、お互いにもう少し会って話をしてみたいなと思ったら、次のステージとなる「仮交際」に進めます。
お見合い時はお互いに苗字だけしか知ることができませんが、仮交際に進めると、お互いのフルネームや連絡先を交換し、直接本人同士が連絡をとりあって会うことができるようになります。

仮交際ができる相手に人数制限はありません。
そのため、お見合いで良い人だなと思えば、何人でも仮交際をすることができます。つまり、仮交際は恋人とは呼べず、どちらかというと恋人にしたい相手かどうかを見極めるお試し期間と言えます。

多くの人数と仮交際を進めてしまうと、デートなどのコントロールが難しく、どの人とも関係性を深めていくことが難しくなるため、価値観や性格があわないと感じる人は早めに終了させ、自分に合った相手に絞り込んでいくことが大切です。

真剣交際

仮交際期間中に「結婚したい」と思える相手が見つかった場合、双方同意のもと次のステップとなる「真剣交際」に進みます。

真剣交際は、仮交際とは異なり、一人の相手としか交際をすることができません。
つまり真剣交際となって初めて「恋人同士」の関係になるのです。

そして真剣交際でお互いに結婚したいと思える相手だと確認(=プロポーズ)できたら「成婚」となります。

 

真剣交際は何回目のデートで決める?決め手は?

仮交際期間中、次の真剣交際に進めるには、どのタイミングで、そしてどんな点を決め手にして進めればよいのでしょうか。
ここでは真剣交際に進めるまでの期間や決め手について解説します。

真剣交際に進めるまでの期間の目安

仮交際は交際期間として3か月が目安期間として設定されていることが多いので、この3か月を目安に、結婚相手として考えられる人かどうかを見極めていく必要があります。
3か月という期間だけをみると短く感じるかもしれませんが、デートを重ねてコミュニケーションをどれだけとれているかといった内容の濃さが重要なので、時間をかけすぎることが必ずしも良いとは限りません。

また、先に記載したとおり、仮交際はあくまで相手を見極めるお試し期間にすぎません。
素敵な人だなと思ったら、早めに真剣交際に進めて、恋人同士としての時間に重きをおいたほうがお互いにより本音で会話ができるようになるのでおすすめです。

真剣交際に進める決め手

仮交際期間中にデートをしたり、電話やメールでコミュニケーションをとることでお互いの性格などがわかってくるので、交際をしたいと思える相手かどうかが見えてきます。
会話をしていて楽しいと感じ、もっと一緒にいたいと思える、あるいは結婚生活がイメージできると思える相手なら、真剣交際に進めましょう。

真剣交際は結婚を前提とした恋人同士という関係になります。
一般的な恋人同士と確実に違うのは、「結婚を前提としている」という点です。

そのため、もしも好意を持てる相手だったとしても、例えば何か具体的に結婚をイメージしたときにかみ合わない点があり、それを譲ることができない場合は好意があったとしても真剣交際に進めるべきではありません。
例えば将来の子供についての考え方、住む場所についての意向が全く異なり妥協点が見つからないといった場合なども当てはまります。

 

真剣交際がうまくいかず破局して別れる場合

結婚を意識して真剣交際に進めたとしても、その後お互いの価値観の相違などにより破局することもあります。
一般的な恋人同士と同様に、付き合ってみてはじめて知ることも出てくるため、100%うまくいくとは限らないためです。
逆に結婚をする前にお互いの違いに気づくことができ、良かったともいえます。

もしも真剣交際が終了となった場合は、最初のお見合いからあらたな活動をスタートさせることになります。
やはり別れを経験することになるので気持ちの切り替えがスムーズにいかないという方もいますが、これは結婚相談所での出会いであるか否かに関わらず乗り越えていかなければいけないことでしょう。

結婚相談所での活動は休会というシステムもあるため、どうしてもすぐに気持ちの切り替えをおこなうことが難しい場合は休会をして少し気持ちを休ませてから新たに再開をするのも良いでしょう。

 

真剣交際を成功させて成婚に進めるために気を付けるべきこと

せっかく真剣交際に進めたいと思える相手と出会えたのであれば、できればプロポーズまで進めて成婚退会したいと思いますよね。
真剣交際にも規定された交際期間やルールがあります。
それらを意識しつつ、ポイントをおさえて真剣交際を成功させましょう。

コミュニケーションをしっかりとって期間も意識すること

真剣交際に入り、恋人同士となったら、これまでよりも一層相手とのコミュニケーションを深め、お互いを知っていくことが大切です。デートはもちろんですが、会えないときも電話やメールで会話をすることでより強い絆を築いていくことができます。

真剣交際が成就して成婚するカップルの共通点は、結婚に向けた具体的な会話もしっかりと行えていることです。
お互いに結婚を意識して出会ったカップルなので、結婚生活における考え方、金銭感覚、お互いの両親や家族についての考え方などを共有し、認識をあわせていくことで、結婚にむけての不安を解消することができます。

真剣交際も基本的には交際期間3か月が目安とされています。3か月の間にどれだけお互いのことを知っていけるかが重要です。

逆にこういった具体的な話がなかなかできないカップルは、時間ばかりが過ぎ、お互いに対する不安や不満が募り、破局してしまうケースは少なくありません。
交際期間を意識しつつ、しっかりと大切なことを話し合っていきましょう。

真剣交際期間のルールをしっかりと守ること

真剣交際は恋人同士の関係といえども、キスやそれ以上の体の関係をもつことは結婚相談所のルールで禁止されています。
これは万が一破局した場合にトラブルを避けるため必要なルールです。
特に女性は妊娠などのリスクもあるため、ルールをしっかりと守って交際をしなければ後悔することにもなりかねません。

もしもルール違反をした場合は、「成婚した」とみなされ、退会することになるので注意が必要です。

また、お互いにルールを守れる人であるかどうかも、将来の結婚相手を見極める上では重要なポイントと言えるでしょう。

 

結婚相談所での真剣交際とは?仮交際との違いや成婚までの流れまとめ

結婚相談所での真剣交際とは?仮交際との違いや成婚までの流れまとめについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のコラムのポイントは

・結婚相談所ではお見合い後、仮交際→真剣交際という流れを踏んで最後に成婚に至る
・仮交際はお試し期間、真剣交際は恋人同士の関係となる
・仮交際はあくまでお試し期間なので、結婚を意識できる相手と出会えたら早めに真剣交際に進めた方が良い
・真剣交際期間中はより一層コミュニケーションをとり、結婚にむけた具体的な会話をしていくことが重要
・真剣交際中は過度なスキンシップはルール違反となるため、一定のルールを守りながら交際できる相手であるかどうかを見極めることも大切

でした。

結婚相談所での出会いは100%お互いに結婚を意識した相手であるということが強みといえます。
そしてその結婚相談所での活動において、真剣交際は最も大切な期間です。
交際を楽しみつつも、しっかりと結婚にむけた意識確認をおこなっていくことで、お互いに結婚相手として不安のない関係性を構築することができるでしょう。

エクセレンス青山なら、そんな結婚にむけた活動を行いたい方のために、正式に入会をする前のトライアルコースからお試しいただけます。
トライアルコースは正式に入会した時と同様のサービス内容を受けることができるので、自分にあった結婚相談所であるかどうかを知ることもでき安心です。
エクセレンス青山でぜひ婚活にむけた最初の一歩を踏み出してみてください。 

あわせて読みたい
結婚相談所を利用して成婚した会員様の体験談のご紹介

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ