コラム

結婚したいかわからない場合に結婚について考える方法

自分のことなのに、なぜか自分が結婚したいかよくわからないと言う人が多いのが「結婚」です。
ではなぜ自分のことなのに、「結婚したいかどうかがわからない」人が多いのでしょうか。

実はよくよく話を聞いてみると、「結婚したいかわからない」には、様々な理由が隠されています。

このコラムでは、

・結婚したいかわからない人は意外と多い
・結婚したいかわからない・・となってしまう理由
・結婚したいかわからない自分の気持ちを確かめる方法
・結婚している人に結婚について聞いてみるのもおすすめ
・結婚相手探しは簡単ではない
・結婚したいかわからない場合に結婚について考える方法まとめ

について解説します。

これを読むことで、結婚したいかわからないと言う人が多い理由や、自分の本当の気持ちを確かめる方法について参考になるのでぜひ一読のうえ、結婚について今一度考えるきっかけにしてください。

 

結婚したいかわからないという人は意外と多い

結婚適齢期が年々上がっていることも影響しているのか、「結婚したいかどうかわからない」という人が増えている印象をもっている人は多いのではないでしょうか。
特に30代など年齢が上がるにつれて自分の周りで結婚する人が増え、また両親などから結婚について聞かれる機会も多くなるため、自然と自分自身の結婚について考えるようになったという人もいるでしょう。

結婚について考えた時に、交際中の相手がすでにいるかいないかによっても結婚したいかどうかわからないと考える原因は異なってきます。

相手がいるけど結婚したいかわからない

交際中の相手がいるものの、その相手と結婚したいかどうかわからない、あるいは、交際相手の問題ではなく、結婚という制度に対して疑問を感じるため結婚したいかどうかわからないという人がいます。

現在交際している相手と結婚したいかわからない場合、なぜそう感じるのかを考え、場合によっては相手と話し合う必要があるでしょう。
もしも相手の何かが引っかかっていて結婚したいかわからない状態となっており、それが解決できないのであれば、簡単ではないですがあらためて別の相手を探すと言う選択に踏み出すことも大切です。

結婚という制度自体に疑問を感じると言う場合、交際相手がいて、相手も同じように感じているのであれば、無理に結婚をする必要はないかもしれません。
ただ、一方で子供を授かった場合、戸籍が別々だと何かと不便なこともあるので、そうなった時にはあらためて話し合いをした方が良いでしょう。

相手もいないし結婚したいかどうかもわからない

現在交際している相手がいないが、周りで結婚する人が増えていたり、結婚しないのかと聞かれる機会が増えたりしていることにより結婚について考えているものの、どうにも一歩が踏み出せないという人は意外と多くいます。

しかし、自分の中で結婚について考えた時に、「したくない」と断定しないということは、どこかに結婚したいと思う気持ちもあるため、その結果「わからない」となってしまうのかもしれません。

わからないなら、わかるようになるまで待てば良いと考えがちですが、結婚については求める結婚生活によってはそうもいかない場合もあります。
なぜなら、もしもこの先、子供が欲しいと考えるようになった場合、特に女性は年齢によりそれを実現できなくなってしまう場合があるからです。

また、婚活は年齢が上がるごとに難易度が高くなります。
これは避けようのない事実なため、結婚したいと思った時が適齢期とは言っていられない現実があることも理解しておく必要があります。

 

結婚したいかわからない・・・となってしまう理由

婚活は年齢が上がるごとに難易度が増してしまう以上、なるべく早めに自分の気持ちについて整理をしておくに越したことはありません。
なぜ結婚したいかどうかがわからない状況となってしまっているのか、その理由についてよくある理由を知ることで、自分自身に当てはまるかどうかを一度整理してみると良いでしょう。

年齢にあわせて漠然と「結婚したい」と思っていただけだから

なんとなく結婚したいと考えていたものの、実際に結婚について考えてみると、結婚したいかどうかわからなくなってしまうタイプです。

周囲が結婚しはじめたから。
なんとなく一人でいるのは寂しいと感じるから。
良い相手がいれば結婚したいと思うから。

など、どちらかといえば主体的ではなく受動的な理由により結婚を考えている場合、いざ具体的に結婚について考えようとすると結局よくわからない、というところに落ち着いてしまいがちです。

20代のうちはそれでも良いかもしれません。しかし30代以降、ドラマなどのような偶然の出会いによる結婚を実現できる確率はそれほど高くないでしょう。
そのため、結婚したいのであれば主体的に動かなければ、「良い相手」にはなかなか出会えない現実は理解しておく必要があります。

婚活したもののなかなか結婚したいと思う人に出会わないから

結婚したいと考えて婚活をはじめてみたものの、なかなか思うような相手と出会えずに、結局結婚したいかどうかがわからなくなってしまったというタイプです。

このタイプは、婚活をすれば意外と早めに相手が見つかるのではないかと考えていたにもかかわらず、実際はそうではなかったという場合に陥りやすいと言えるでしょう。

婚活に疲れてしまい、そうまでして結婚したいのかと自分に問い直した時にわからなくなってしまいがちです。
婚活は思っている以上にスムーズには進んでいきません。

これまで出会いがなかったために婚活をはじめたのであれば、冷静に考えれば理解できるでしょう。

結婚を本気でしたいと思い婚活をはじめなければ、思うように進んでいかない婚活に疲れてしまうので注意が必要です。

婚活が難しいと感じる理由と婚活の難しさを軽減させる方法

いざ結婚相手を探すことを考えると面倒になってしまうから

このタイプは、現状の生活に満足していることが多いと言えます。

人間は自分にとってのマイナス要因については早めに解決したいと考え、行動に移すことが多いですが、プラス要因となること、さらにそれがすぐに取りいれることが出来ない面倒なことの場合、それほど積極的に取り入れるようとしない、行動に移さないという側面があります。

現状に満足しているためあえて面倒なことまでしてどうにかしたいと思っていない場合、先のことよりも現時点が楽しければそれでいいと感じるため、結婚は機会があればしたいけど、婚活は面倒と感じるため、結局結婚したいかどうか自分の中の本気度がよくわからないとなってしまう場合が多いのです。

 

結婚したいかわからない自分の気持ちを確かめる方法

人間は誰しも歳をとります。
そして歳をとると、身体の自由も効きにくくなっていきます。
もしも配偶者や子供がいれば、その状況をサポートしてくれたり、頼ったりすることができるでしょう。

しかし、もしも独り身の場合、自分が年老いた際には自分のことを気に掛ける存在がすでにいなくなってしまっているかもしれません。

年齢を重ねた後の生活を一番身近に感じ、老後とはどのようなものであるかを実感できるのが自分の親でしょう。

もちろん、結婚したからといって配偶者が必ずしも長生きしてくれるとは限りませんし、子供が出来るとも限らないかもしれません。
とはいえ、少なくとも天涯孤独という状況になることを防ぐことができる可能性は、独身でいるよりもずっと高いと言えるでしょう。

もちろん、結婚は老後のためだけにするものではありませんが、元気な今の状況だけを見て結婚は不要と考えてしまうと、後悔してしまう場合もあるかもしれません。

長い目で見た時に、本当に一生一人きりで良いのかを、よく考えてみることで、本当に自分にとって結婚が必要かどうかを考えることができるでしょう。

 

結婚している人に結婚について聞いてみるのもおすすめ

結婚は、頭で考えてばかりいても結局よくわからないことが多いでしょう。
実際に自分が結婚を経験したことがなければ、余計に自分一人で考えても結論は出ないかも知れません。
そんな時は、結婚している周りの友人や知人に話を聞いてみるのもおすすめです。

1人で好きなように暮らすほうが気楽さをわかっていて、なおかつ結婚生活についての苦労もわかっている既婚者なら、実体験をもとに現実的なアドバイスをくれるでしょう。
そして、結婚生活の良い面、悪い面の両方を具体的に知ることで、自分にとって何が必要かが見えてくるかもしれません。

結婚した人にしかわからないことを知ることで、自分が結婚したいと思えるかどうかが見えやすくなるためおすすめです。

 

結婚相手探しは簡単ではない

結婚相手探しは簡単ではありません。

自分の気持ちの整理が出来て、「やっぱり結婚したい!」と思ったとしても、すぐに相手が見つかるとは限りません。

婚活は年齢が上がれば上がるほど難易度が高くなるため、多くの努力が必要となります。
そのため、より一層、事前に自分の気持ちについて整理しておくことが大切と言えます。
中途半端な気持ちではじめると、途中で挫けてしまい、「結婚したいかわからない」という負のループに陥りやすいからです。

また、婚活は活動の方法も重要です。
婚活アプリは手軽に始められるため、最初手を出しやすい活動方法ですが、時間だけを無駄にしてしまうといったことも少なくありません。
なぜなら、必ずしも結婚を目的に活動している人ばかりではないためです。

本気で結婚相手を見つけたいのであれば、一番おすすめの婚活手段は結婚相談所を利用することです。
結婚相談所には、本気で結婚相手を探している人しか登録をしていないため、相手も結婚の意志があること、また、良い相手と出会えた後、結婚までの道のりがスムーズに進みやすいと言えます。

もしも結婚相談所に興味はあるが、知らないことが多く不安があるという場合は、一度無料相談に訪れてみることをおすすめします。
エクセレンス青山でも無料相談を実施しています。
もしも直接お越しいただくことが難しければオンラインでの相談も可能なので、お気軽にご相談ください。

失敗しないための結婚相手の選び方と男女別の結婚相手に求める条件

 

結婚したいかわからない場合に結婚について考える方法まとめ

結婚したいかどうかわからないという方のために、自分の気持ちを整理して考える方法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

結婚は自分の生活を大きく変えるイベントの一つなので、迷いが生じるのも当然と言えるでしょう。
しかし、一方で解説してきたように、出産や年齢などを考えた時には早めに結論を出した方が良いことがあるのも事実です。

知らないことだからこそ不安はあるかもしれませんが、一度飛び込んでみることで後々良かったと思えることもあるでしょう。
離婚を推奨するわけではありませんが、うまくいかなければそういう選択肢もあるため、少しでも結婚したい気持ちがあるのであれば、深く考えすぎるよりもまずは一度結婚してみるという選択肢もあります。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。
壁にぶつかった時、分からないことがある時なども、すぐに相談をして解決していくことができるため、婚活の難しさを軽減させることができます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ