コラム

恋愛と結婚で選ぶ相手に違いはあるの?結婚相手に求められる条件

恋愛相手とそのまま結婚する男女にとっては、恋愛相手と結婚相手に違いはないと考えるかもしれませんが、恋愛相手と結婚相手を分けて考えることも決して珍しくはありません。

特に結婚相談所では、結婚相手だからこその選び方をする人も少なくないと言えます。
また、男女でも恋愛相手と結婚相手に求める条件には違いがあります。

このコラムでは、

・恋愛と結婚で選ぶ相手に違いはあるのか?
・男性が求める恋愛したい女性と結婚したい女性の条件
・女性が求める恋愛したい男性と結婚したい男性の条件
・結婚相手を選ぶ際に見るべき相手のポイント
・恋愛と結婚で選ぶ相手に違いはあるの?結婚相手に求められる条件

について解説します。

これを読むことで、恋愛と結婚では何が違うのか、また恋愛と結婚ではそれぞれ相手にどのようなことを求める場合が多いのかをご紹介します。
結婚相手をどういった基準で選べば良いのかよくわからない、自信がないという方の参考にもなるので、ぜひ最後までお読みください。

 

恋愛と結婚で選ぶ相手に違いはあるのか?

恋愛と結婚は何が違うのでしょうか。

一般的な解釈としては、恋愛は今を一緒に楽しむことであり、自分の家族が気に入ってくれるかどうかなどを気にする人は多くはないでしょう。
また、生活を共にするわけではないので、金銭感覚が多少異なっていたとしても、それよりは好きかどうか、一緒にして楽しいかどうかという感情を優先することの方が多いかもしれません。

一方、結婚は、共に生活をしていくことになるため、ただ一緒にいて楽しいという感覚だけで一生を共にするのは難しいと感じる人が多いでしょう。
生活をして行く上でお金の価値観や、物事に関する根本的な考え方などが一致している、あるいは異なっていても理解ができる関係性でなければ揉め事の原因になります。
また、結婚は二人だけではなく、お互いの家族や親戚も関わってくるため、自分たち以外の相性が良いかどうかも気になるところです。

このように、恋愛と結婚では、根本的な考え方が異なります。

男女でも異なる結婚相手に求める条件

恋愛と結婚に違いがあることとあわせて、さらに男女間でも求めることが異なります。

特に結婚相手となると、男女で相手に求める条件に違いが出てきます。

では男女それぞれ、恋愛相手と結婚相手にはどのような人を求めるのでしょうか。
これについては、次の項でご紹介していきます。

 

男性が求める恋愛したい女性と結婚したい女性の条件

まずは、男性が求める「恋愛したい女性」と「結婚したい女性」の条件についてご紹介します。

恋愛相手の女性に求めること

男性が恋愛相手の女性求めることには、以下のようなものが挙げられることが多いようです。

・容姿がかわいい
・価値観が合う、一緒にいて楽しい
・優しい
・明るい
・家庭的

特に容姿が好みであること、一緒にして楽しいと感じられることが恋愛相手となる恋人を選ぶ際の基準になるようです。

その時のお互いの年齢にもよりますが、20代前半くらいまでであれば、将来的なことよりも、今現在一緒にいて楽しいかどうかで気持ちの赴くままに交際相手を決めるというのが最も多いパターンと言えるでしょう。

結婚相手の女性に求めること

一方、男性が結婚相手となる女性に求めることには、以下のようなものが挙げられます。
これは、結婚相談所で男性会員の方が相手の条件として挙げることが多いものです。

・容姿端麗
・自分よりも年下
・学歴
・価値観が合う

結婚相談所は、結婚相手を探すための場所であり、相手を選ぶ際の最初の選び方はお互いのプロフィールを見て決めるという進め方になるため、余計に条件面に目が行きがちですが、とはいえ、一番多いのは恋愛相手を決めるときと同様に、容姿の好みが合うことを掲げる男性が多いと言えます。

また、年齢については、結婚後に子供が欲しいと考えている人が多いため、35歳以下の女性を希望する人が多いという現実があります。

 

女性が求める恋愛したい男性と結婚したい男性の条件

次に、女性が求める「恋愛したい男性」と「結婚したい男性」の条件についてご紹介します。

恋愛相手の男性に求めること

女性が恋愛相手の男性求めることには、以下のようなものが挙げられることが多いようです。

・価値観が合う、一緒にいて楽しい
・容姿が好みに合う
・年齢が近い
・リードしてくれる

女性が恋愛相手に求めることで最も多いのは、やはり価値観が合うこと、一緒にいて楽しいことです。
学歴や安定した企業に勤めていることなどを挙げる人もいますが、恋愛相手としての優先度はそれほど高くはないと言えるでしょう。
男性が恋愛相手の女性に求めることと、それほど大きな違いはないことがわかります。

結婚相手の男性に求めること

一方、女性が結婚相手となる男性に求めることには、以下のようなものが挙げられます。
こちらも、結婚相談所で女性会員の方が相手の条件として挙げることが多いものです。

・年収が自分が定める一定以上ある
・大卒以上
・安定した職業に就いている
・年齢は自分より5歳上くらいまで
・価値観が合う
・容姿が爽やかである

女性が結婚相手となる男性に求める条件は、恋愛時とはかなり異なっていることがわかります。
一緒に生活をしていくことになるため、恋愛時よりも求める条件が多く、また高くなっています。

特に収入と職業については、生活基盤とリンクするためこだわりが強くなると言えるでしょう。

 

結婚相手を選ぶ際に見るべき相手のポイント

では実際に、結婚相手を選ぶ際、どのような点を見れば後悔のない結婚生活を送ることが出来るのでしょうか。

正直なところ、この条件は人により異なるため、これだという正解を出すのは難しいと言えます。

しかし、離婚をする理由で多いものを見ると、そうならないために結婚相手を選ぶ際に見るべきポイントが見えてきます。

一般的に多い離婚理由
平成29年度の司法統計データによる離婚の理由は以下のとおりです。

■夫が妻と離婚した理由
1位 性格があわない
2位 精神的に虐待する
3位 その他
4位 異性関係
5位 家族親族との折り合いが悪い
6位 性的不調和
7位 浪費する
8位 同居に応じない
9位 暴力を振るう
10位 家庭を捨てて省みない

■妻が夫と離婚したい理由
1位 性格があわない
2位 生活費を渡さない
3位 精神的に虐待する
4位 暴力をふるう
5位 異性関係
6位 その他
7位 浪費する
8位 家庭を捨てて省みない
9位 性的不調和
10位 家族親族と折り合いが悪い

1位は、夫と妻ともに「性格があわない」を理由にあげていることから、なるべく価値観が近いこと、あるいは違いはあれど理解ができることなどが重要となってくるでしょう。
これらを踏まえて、どのようなポイントで結婚相手を選ぶのが良いかを見てみましょう。

結婚相談所は離婚率が高い?低い?その実態と理由について解説

特に嫌な事などの価値観が同じかどうか

一番はやはり価値観が合うかどうかです。

恋愛をしている時は、考え方の違いや多少理解できないところがあったとしても、好きという気持ちが勝るためそれほど気にしないことのほうが多いかもしれません。

しかし、毎日一緒に過ごすようになると、どうしても我慢できなくなることがあります。

価値観や考え方が全て一緒という夫婦はほとんどいないでしょう。
何かしら違いがあって当たり前です。

大切なのは、その違いを尊重できるか、理解できるかということになります。

特に自分の中でどうしても許せないこと、嫌いなことについての価値観が異なる相手は、後々一緒にいることがしんどくなる可能性が高いと言えます。

好きなことが同じであるという価値観以上に、嫌いな事やどうしても許せないことが一緒であるという価値観が同じ相手を選ぶのが、共に生活をしていく結婚相手にはおすすめです。

金銭感覚が同じかどうか

先にあげた離婚理由でも「浪費をする」「生活費を渡さない」といったお金関わる問題が離婚理由にあげられていることからもわかるように、金銭感覚が同じであることは、結婚相手を選ぶ上で重要です。

あまりにも異なる金銭感覚の相手は、後悔することになるかもしれないため、いくら好きだと思ってもよく考えることをおすすめします。

人として尊敬できるところがあるかどうか

好きという感情は、出会って間もない頃は強く持ち続けられますが、毎日生活を共にすると、やがて異性としての好意が家族愛に変化していき、多くの夫婦はお互いが空気のような存在になっていきます。

相手に異性としての感情がなくなってしまったとしても、人として尊敬できていれば一緒に生活する事は難しくない場合が多いでしょう。

一方、外見が好きなど、恋愛感情だから成立している好意だけの場合は、長く一緒にいるごとにその感情が薄れてしまった時に気持ちを支えるものがなく、生活を共にするのがしんどくなってしまう場合があります。

相手のことを異性としてはなく、一人の人間としても尊敬できる部分があるかどうかを問いかけてみると良いでしょう。

結婚生活に求めている基準が同じかどうか

結婚するということは、特別な事情がない限りは毎日一緒に暮らすということになる場合がほとんどでしょう。

この時、求めている結婚生活のスタイルや、生活水準などが根本的に違うと、結婚生活が難しいものになります。

例えば、夫婦共働きを求めているか、子供が欲しいか、子供が出来たらどこで生活をしたいか、子供が巣立った後、老後をどこで過ごしたいか等、自分の生活を大きく左右する物事についての考え方や基準が同じであるかどうかはとても大切なので、なるべく事前に確認しあうのが良いでしょう。

お互いの両親とストレスなく付き合えるかどうか

結婚は、二人だけではなく自分の両親や兄弟姉妹、親戚などとの交流も求められます。

いくら相手のことが好きでも、その家族との関係がうまく構築できそうにない場合、結婚生活の難易度は上がる可能性があります。

離婚理由でも、男女ともに「家族親族との折り合いが悪い」とあげていることからも、両親や親戚付き合いは結婚をする相手としては無視できない問題の一つと言えます。

出来れば結婚するかどうかを決める前に、お互いの両親と会って話をする機会を作るのがおすすめです。

幸せになれる結婚相手はどんな人?幸せになれないのはどんな相手?

 

恋愛と結婚で選ぶ相手に違いはあるの?結婚相手に求められる条件まとめ

恋愛はあまり深く考えずにフィーリングで始める場合が多いですが、結婚は自分の生活を大きく変えるものなので、そう簡単に相手を決めることができないという人が多いでしょう。
そしてこれが、恋愛と結婚の大きな違いと言えます。

結婚相談所であれば、あらかじめ相手の年収や学歴、家族構成などを知ることができるため、自分の理想に近い相手を探すことができるおすすめの婚活方法と言えます。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。
壁にぶつかった時、分からないことがある時なども、すぐに相談をして解決していくことができるため、婚活の難しさを軽減させることができます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ