コラム

結婚の決め手がわからない人のための【男女別決め手紹介】

婚活をして結婚を前提に交際をしている相手がいても、なかなか最後の一歩を踏み出す決め手がつかめず悩んでしまうという人は少なくありません。
結婚相談所で活動中の会員様でも、決め手がわからないと悩み、立ち止まってしまう場合があります。

では、結婚を決めたカップルは、どのようなことが結婚の決め手になったのでしょうか。

このコラムでは、

・結婚はしたいし相手もいるけど決め手に欠ける理由
・結婚相談所で結婚したカップルの結婚の決め手【女性編】
・結婚相談所で結婚したカップルの結婚の決め手【男性編】
・結婚を決めるタイミングは逃さないこと
・結婚の決め手がわからない人のための【男女別決め手紹介】まとめ

について解説します。

これを読むことで、結婚の決め手がわからないと感じている人が、結婚をしたカップルの結婚の決め手を知ることで、新たな一歩を踏み出す参考になるのでぜひ最後までお読みください。

 

結婚はしたいし相手もいるけど決め手に欠ける理由

結婚願望があり、結婚相手として交際をしている相手もいるのに、なぜか最後の決め手に欠けてしまうと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、結婚相談所で活動する男女が「決め手がわからない」と相談してくる内容についてご紹介します。

条件は良いのに異性として好きになれていない

結婚相談所という特性上、最初のお相手選びは相手のプロフィールの内容を見ることから始まります。
プロフィールには自己紹介文と共に、年収や学歴、年齢などの個人情報が掲載されています。

そのため、自分の結婚相手として求める条件から相手選びをすることができるというメリットがあります。
特に、女性は男性に対して年収が高いこと、安定した会社に勤めていること、といった条件面も重視する傾向にあります。

しかし、条件は申し分なく、人柄も良いけれど、だからといって異性として好意を持てるとは限りません。
残念ながら、条件が良くても異性としての魅力を感じられないという場合があります。

この場合、条件は捨てがたいが、結局好意を持つことができず決め手に欠けるため、結婚相手としては難しいという判断をすることは決して珍しくありません。

もっと良い人がいるのではと考えてしまう

結婚したいと言う気持ちが強すぎて、焦って相手を探して交際をしてみたものの、いざ結婚という言葉が現実味を帯びてくると尻込みしてしまうという場合があります。

本当にこの人と結婚してしまって良いのか?
もっと良い人がいるかもしれない

など、結婚というゴールが見え始めると、急に他の欲が出てくるパターンです。

気持が完全に相手に向いておらず、ただなんとなく結婚話が進むと、このような欲が顔出す場合があります。

この場合は、きちんと気持ちの整理をしてから結婚しないと、自分の決断を後悔してしまう可能性があるかもしれません。

結婚したいと言う気持ちだけが先走りすぎている

住む場所や両親のことなどを具体的に話し始めた途端、不安になり、相手に限らず結婚そのものに対して疑問を感じ始める場合があります。

本当にこれで結婚してしまって良いのか?
なんで結婚したかったんだっけ?

結婚は相手の問題だけでなく、自分の結婚に対する考え方やその時に自分を取り巻く環境などによって変わる場合もあります。

そのため、相手のことは好きだけど、結婚のタイミングは今ではないと感じてしまう場合、結果的に決め手にかけてしまうと言う少し特殊な場合もあります。

 

結婚相談所で結婚したカップルの結婚の決め手【女性編】

では、逆に結婚をした人がその決め手となったきっかけはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
結婚相談所で活動をしていた会員様の結婚の決め手について、まずは女性側の理由をご紹介します。

結婚生活や家族の考え方などの価値観が同じだった

この人と結婚しよう!
と思う決め手で最も多い理由として挙げられるのは、「価値観が同じだった」というものです。

長い結婚生活、一緒に暮らしていく上で、やはりお互いの考え方や求める結婚生活の価値観などが一致しているかどうかはとても重要です。

そのため、自分が重要と考えていることに対しての価値観が同じ相手とは、すぐに「この人と結婚したい」と思えるようです。

優しくてなんでも相談できるため安心できた

結婚は自分の人生を大きく左右するため、期待と共に不安もつきものです。

不安に感じる事柄は、自分の問題である場合もあれば、相手のことについての場合もあるでしょう。

例えば不安に感じた時、それについて相談がしやすく、一緒に解決していく姿勢をもってくれているかどうかが今後の二人の関係を大きく左右します。

なんでも相談しやすく、優しく寄り添ってくれる男性に女性はときめきを感じ、この人となら一緒に生きていけると感じるのです。

自分の気持ちが整うまで待ってくれた

男性から好意を寄せられていることがわかっているものの、まだ自分の中で決め手に欠けると感じている時、男性側がどのような対応をしてくれるかが分かれ道となります。

自分の気持ちが整うまで待ってくれ、歩幅を会わせてくれる男性は、その後女性の心を大きく動かせることが多いです。

自分の気持ちを尊重してくれる人なんだなという思いやりが、女性がこの人となら一緒に過ごしていけると思う決め手になる良い例です。

短い時間しかなくても会いに来てくれた

住まいが離れている上に、お互いに仕事が忙しくなかなかゆっくりと会う時間がないというカップルも多いでしょう。

そんな時でも忙しさを理由にせず、例えば30分でも1時間でも会いに来てくれる男性に、女性は心を動かされます。

大事なのは自分のことを大切に思ってくれているのだなということを、行動で見せてくれることだと言えるでしょう。

 

結婚相談所で結婚したカップルの結婚の決め手【男性編】

次に、結婚相談所で活動をしていた男性会員様の結婚の決め手についてご紹介します。

お見合いで会った時からこの人だと思った

男性の場合、女性よりも容姿に一目惚れ、もしくはそれに近い感情を持つことが多いようです。

結婚相談所であれば、お見合いの時点ですでに好意を持ち、その後ストレートにアタックを続けると言う人も少なくありません。

このタイプの男性は、相手の女性も同じ気持ちを持ってくれれば迷いなくすぐに結婚を決めるので、ゴールまでの道のりが早いようです。

明るくて話していて楽しいと感じた

明るく笑顔がかわいい太陽のような女性は、男性に人気があります。

明るい女性が奥さんであれば、温かく楽しい家庭が築けると考えるため、結婚したいと思う人は少なくありません。

優しくてホッとできる人だった

優しい女性も男性に人気があります。
思いやりを感じられる女性であれば、仕事で疲れて帰ったときに癒してもらえると感じるからです。

家族の仲が良く自分と価値観や環境が似ていた

男性も相手の女性と価値観が同じであることや、家族との仲、生活環境が似ていることなどで結婚相手を決める人は少なくありません。

また、年齢を重ねるごとに自分なりのルールやこだわりが出てくることが多く、これまでに培ってきた価値観などを変えるのは難しい場合があります。
自分の価値観を変えずに一緒にいられる女性であれば楽なので、結婚して一緒に暮らしていくことができると感じるようです。

ご成婚者様の声

 

結婚を決めるタイミングは逃さないこと

結婚の決め手は様々ありますが、もしも自分の中で決め手に欠けると感じる場合、焦らず何が足りていないのかを考え、場合によってはクリアにする必要があるでしょう。

ただし、もしも相手があなたの返事を待っている場合、あまり待たせすぎてしまうと相手の気持ちが冷めてしまう場合があるので注意が必要です。

逃した後に後悔することになるのが一番残念な事なので、結婚のタイミングをうっかり逃さないよう注意しましょう。

結婚前に話しておくべきことランキング

 

結婚の決め手がわからない人のための【男女別決め手紹介】まとめ

結婚は人生における大イベントなので、この人だと言う確信が持てず決め手に欠けると最後の一歩を踏み出しにくいものです。

自分が結婚相手に何を求めているのか、今交際している相手がいて今一つ結婚の決め手に欠けると感じているのであれば、具体的に何が足りていないのかをじっくり考えましょう。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。
壁にぶつかった時、分からないことがある時なども、すぐに相談をして解決していくことができるため、婚活の難しさを軽減させることができます。
出会った相手との結婚に関する決め手について悩んでいる場合も、カウンセラーに相談をすることで自ずと解答を導き出すことができる場合も少なくありません。

エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ