コラム

29歳になると結婚したいと考える理由と行動に移す方法

記事の監修

エクセレンス青山 成婚カウンセラー

星野 今日子(Kyoko Hoshino)

結婚相談所カウンセラー歴13年。400組以上のカップル誕生をサポート。
大手結婚相談所の新規開拓事業に携わり、人材の育成などに従事。その後、会員様により寄り添った対応ができるエクセレンス青山で活動中。会員様それぞれのお悩みにあった内容で妥協のない夢のある婚活をサポートしています。

プロフィールはこちら

20代最後の年となる29歳は、女性にとっては大きな節目と言える年齢です。

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計集2021によると、女性の25~29歳の初婚率は56.27%となっています。
一方、30~34歳になると、初婚率はぐっと下がり、27.19%です。
ちなみに、20~24歳までの初婚率は23.34%なので、20代で最初の結婚をする人の割合は79%となっており、平均結婚年齢が昔に比べ上がってきているとはいえ、やはり20代のうちに結婚をする女性の割合はまだまだ多いと言えます。

この結果からもわかるように、周囲に結婚をする友人などが増え、自分だけ取り残されているように感じるなど、様々な理由により、29歳になって結婚したい、あるいは29歳までには結婚したいと考える女性が多いと言えるでしょう。

このコラムでは、

・29歳が結婚したいと考える理由
・29歳が結婚したいと考えたときに起こすべき行動
・婚活市場における29歳の優位性
・29歳になると結婚したいと考える理由と行動に移す方法まとめ

について解説します。

これを読むことで、29歳で結婚したいと考える理由や、結婚するために起こすべき行動の参考になるのでぜひ一読の上、実践してみてください。

参考:国立社会保障・人口問題研究所「表6-4 性,年齢(5歳階級)別初婚率:1930~2019年」

 

29歳が結婚したいと考える理由

29歳の女性が結婚したいと考える理由は様々ありますが、主に以下のような理由が挙げられるでしょう。

20代最後の年に急に年齢への負担を感じる

20代最後の年に、年齢への負担を感じる女性は少なくありません。
もう若いとは言ってもらえない年齢になってしまうと考える女性は多く、また職場でも責任ある業務を任されるようになる頃なため周囲に頼ってばかりもいられず、精神的な負担が増えてくる頃でもあります。

この先もずっとバリバリと働き続けたいと考えている女性の場合は別ですが、仕事にそこまでやりがいを見出せず、このまま職場に居続けるよりも結婚して家庭に入りたいと考える女性もおり、それが29歳という年齢を節目として今後の生活について思考を巡らせるようになると言えるでしょう。

周りに結婚する人が増える

20代のうちに8割近くの女性が最初の結婚をしていることからもわかるように、友人や職場の同僚が結婚をしていくのを目の当たりにし、置いていかれるような寂しさと、羨ましさから結婚したいと考える人もいるでしょう。

周りからのプレッシャーが強くなる

周りに結婚をする人が増えると、自分に対する結婚へのプレッシャーも増えていく頃です。
周囲から「結婚しないの?」と聞かれたり、自分の親から「早く結婚相手を見つけないさい」とプレッシャーをかけられたりするため、このプレッシャーから逃れたいと思う人も多いでしょう。

子供が欲しいと考える

男性に比べ、女性は実際に出産をする身体なので、年齢を気にするのは当然です。
子供が欲しいと考えている場合、できるだけ早く結婚して、子供を授かりたいと考えるでしょう。
それが、29歳になると余計に出産できる年齢へのリミットが現実味を増してくるため、早く結婚したいと考える気持ちが強くなるものです。

彼氏と別れた

20代後半になってくると、交際をしている相手がいる場合は結婚を意識し始めるカップルが多いでしょう。
しかし、必ずしも相手に結婚願望があるとは限りません。
交際している相手に結婚願望がないとわかったとき、残念ながら別れを選択することになるカップルも少なくないかもしれません。

20代後半で別れを体験すると、次の相手を早く見つけて、30歳になる前に結婚したいと考える人も多いようです。

 

29歳が結婚したいと考えたときに起こすべき行動

29歳で結婚したいと考えた時、実際に何をすれば良いのでしょうか。

婚活は、ただ闇雲に始めてもうまくいくとは限らず、29歳という貴重な1年を無駄にしてしまうことになる場合もあるので注意が必要です。

どんな相手とどんな結婚生活を送りたいのかを考える

結婚したい、結婚相手を見つけたいと思ったら、まずはどんな相手とどんな結婚生活をしたいと考えているのか、具体的に自分の中で整理してみるのがおすすめです。

婚活では様々な相手と出会う機会を得ることができますが、自分がどんな相手を求めているかが整理できていないと、途中でわからなくなり誰も選べなくなったり、優柔不断になりすぎてせっかくの縁を無駄にしてしまったりといったことになってしまう場合もあります。

そのため、例えば最低限結婚相手に譲れない条件などがあれば、それをきちんと整理したうえで婚活を始めるのがおすすめです。

失敗しないための結婚相手の選び方と男女別の結婚相手に求める条件

婚活を始める

自分が求める相手の条件が整理できたら、実際に婚活をはじめましょう。

現在は、様々な婚活方法がありますが、確実に結婚相手を見つけたいと考えるのであれば結婚相談所での活動が最もおすすめです。
なぜなら、交際相手に必ずしも結婚願望があるとは限らないと言う理由と同様で、人気の婚活アプリは必ずしも結婚願望がある人だけが登録をしているわけではないからです。
そのため、せっかく出会った相手にそもそも結婚願望がなかった場合、結婚したいと思ってもらえるまで待つか、あるいはあきらめて次を探すといった対応が必要になることは言うまでもありません。
そのような時間を過ごしてしまうと、29歳という年齢があっという間に終わってしまう可能性を高くします。

その点、結婚相談所であれば、そもそも結婚したいと本気で考えている人だけが登録をしているため、出会った後に結婚願望のない人だったといった事態が起こりません。
これは結婚相手を探すうえでは、最も重要なことの一つです。

また、プロフィールの内容もすべて証明書などを提出して登録されているため信頼ができるという点においても、結婚相手探しには最適の場と言えるでしょう。

 

婚活市場における29歳の優位性

日本結婚相談所連盟(IBJ)の2020年の調査によると、最も成婚しやすい女性の年齢は25~29歳で、成婚しやすさは155.6%という結果になっています。
一方、30~34歳になると、成婚しやすさは128.7%となり、成婚しやすいという点は変わりませんが、やはり20代の頃よりもパーセンテージは落ちる結果となっています。

つまり、29歳のうちに結婚相談所に登録をして結婚相手を探した方が、30代になってから活動を行うよりもずっと結婚できる可能性が高いのです。

20代の女性は、どの年代の男性からも人気があります。
そのため、女性側も条件の良い男性を選びやすく、マッチングしやすいということになります。

婚活は少しでも若いうちから活動を始めた方が、より優位であることは言うまでもないでしょう。

20代で結婚相談所は早い?失敗しない結婚相談所の選び方

 

29歳になると結婚したいと考える理由と行動に移す方法まとめ

29歳の今、結婚したいと考えたのであれば、すぐに活動を開始しましょう。
結婚相談所では、様々な条件から自分の好みに合う男性を安心して探すことができます。

エクセレンス青山では、会員様一人一人に担当カウンセラーがついてきめ細やかなサポートを行っているため、安心して活動いただけます。
壁にぶつかった時、分からないことがある時なども、すぐに相談をして解決していくことができるため、婚活の難しさを軽減させることができます。

また、エクセレンス青山がどんな結婚相談所か事前に知っていただくために、正式入会前に試していただけるトライアルコースがあります。
トライアルコースは安価で利用できるうえに、正式入会後と同じシステムやサービスを利用できるので、自分にあった相談所かどうかを事前に確認できるので安心です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

安価ではじめられるトライアルコース

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ