コラム

新聞記者を射止めるための婚活の進め方!東京での婚活なら結婚相談所

結婚を前提とする婚活の交際では、相手となる男性の職業は重要な条件のひとつです。しかしながら漠然としたイメージはありながらも、きちんとした仕事内容や年収、将来性については知らないという職業も多いのではないでしょうか。

理想の結婚生活を送るためにも「結婚相手としてはどうか」という観点から、さまざまな職業について知っておくことは大切です。

今回は新聞記者の仕事内容や年収、将来性、パートナーとなる女性に求める事柄について解説します。新聞記者と出会う方法についても言及しますので、ぜひ婚活の参考にしてみてください。

取材に原稿作成に大忙し!記者の仕事内容

新聞の編集業務に携わる方を「新聞記者」と呼びますが、実はその種類はひとつではありません。新聞記者には「取材記者」と「内勤記者」の2タイプがあります。おもに外で取材を行い、原稿の執筆をしているのが取材記者です。内勤記者は、おもに社内での校閲作業や紙面の配置を行います。

新聞記者と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、取材記者のほうでしょう。実際に新聞の編集業務に携わる方の大半は、この取材記者を務めています。それでは、取材記者に絞って実際の仕事内容を詳しく確認してみましょう。

取材記者の仕事は「取材」と「執筆」であり、なかでも重要とされているのが取材です。日本には、「記者クラブ」という特有の制度があります。取材記者を含めた多くの報道関係者は、記者クラブを中心に取材を行っているのです。

記者クラブとは政治や業界団体について継続的に広く取材することを目的としてつくられた機関であり、現在でも多くのニュースが記者クラブで最初に発表されます。しかしながら、その内容を記事にするだけでは、他社よりも抜きんでた記事をつくることはできません。

そのため取材記者の多くは、記者クラブで発表された内容をもとに独自の取材を重ねていきます。有名な「夜討ち朝駆け」という言葉にも象徴されるとおり、スクープを得るためには深夜・早朝でも構わず取材に赴くのです。これが、新聞記者は激務であるといわれるおもな理由のひとつです。

もちろん取材内容を実際の記事にする執筆作業も、そう簡単なことではありません。新人記者が紙面に載せられるような記事を書けるようになるまでは、3~5年程度の年月を要するといわれています。

こういった取材記者の仕事の厳しさは、国民に広く情報を知らしめる重要性ゆえのものです。ネットニュースやテレビが発達した現在でも、新聞記事による問題提起が社会問題に発展することは珍しくありません。取材記者の多くは責任感ややりがいをもって、積極的に仕事に取り組んでいます。

新聞記者の収入と将来性

新聞記者の仕事は、厳しいながらも非常に意義があるものです。それでは、新聞記者の収入や将来性の部分ではどうでしょうか?新聞記者の収入は、新聞の規模や所属する部署によって大きく異なります。基本的には大手であればあるほど収入は高く、地方新聞や中堅新聞は大手の5~6割の収入といわれているのです。

大手新聞とは、全国紙である「朝日」「読売」「毎日」「産経」「日経」の5紙のことをいいます。加えて「北海道新聞」「中日新聞」「西日本新聞」はブロック紙と呼ばれ、大手新聞に準ずるものとされているのです。それ以外の新聞は、中堅新聞・地方新聞と考えて問題ないでしょう。

新聞社の規模ごとの年収は出ていませんが、新聞記者の平均年収は40歳で788万円程度です。一般企業のサラリーマンの平均年収が40歳手前で400~500万円といわれることを考えると、勤める新聞社によって差はあるといえ比較的高水準だといえます。

将来性という面でいえば、やはりスマホなどの普及によるネットニュースの台頭が気になります。業界全体を通して新聞の売り上げは減少傾向にあり、転換期にはいっていることは確かです。

しかしながら、ニュースの需要自体が消えるわけではありません。紙媒体ではなくデジタルコンテンツとして、新聞記者の仕事自体は生き残っていくことが考えられます。仕事内容が少しずつ変化していく可能性はありますが、将来性では、専門知識を武器にフリーのジャーナリストとして独立するという道もあります。

新聞記者の男性が彼女・妻に求めること

仕事に打ち込む新聞記者の男性は、女性にとって魅力的に見えることでしょう。一方、新聞記者の男性にとって理想の女性像とはどのようなものなのでしょうか。結婚生活を具体的に想像するためにも、新聞記者の男性が彼女・妻に求める要素についてご紹介します。

新聞記者である男性が彼女や妻に求めることは、おもに「仕事を理解し信じてくれること」と「精神的に自立していること」という2つといわれています。先に解説した通り、新聞記者の仕事は多忙を極め、早朝・深夜も関係なく取材を行なわねばなりません。急な取材で彼女や妻との約束をキャンセルすることや、長期間にわたって会えないということも起こります。

女性側からみればあまり心象のよいものではありませんが、すべて懸命に仕事に取り組むがゆえの行動です。このような行動を理解し信じてくれる彼女や妻でなければ、新聞記者の男性は思い切り仕事に打ち込むことができません。また熱中できる仕事や趣味を持つ精神的に自立した女性であれば、ほどよい距離感をたもちながら長く付き合い続けることができるでしょう。

このように新聞記者の男性は、ほどよい距離感で理解し信じあえる関係を求めています。高い収入で安定した生活が期待できる反面、妻となる女性にも強い気持ちで家庭を支えていく覚悟が必要です。逆をいえば「夫とできるだけ多くの時間を共有したい」というタイプの女性は、新聞記者との恋愛・結婚にいずれ不満を覚えてしまうかもしれません。

新聞記者と出会うには?

多忙を極める新聞記者の男性とは、どのような出会いが考えられるのでしょうか?新聞記者と出会うおもな方法を3つ解説します。

・自然に出会う
趣味の場や知人の紹介によって、新聞記者の男性と出会うことを待つ方法です。しかし新聞記者は多忙を極めるため、一般の会社員のように自然に出会うことはなかなかむずかしいでしょう。新聞記者の男性と出会いたいと願うならば、その希望を周りに伝え、できるだけ積極的な姿勢でいることが大切です。

・ネット婚活で出会う
昨今は、ネットでの婚活も盛んになっており、登録している男性のなかには新聞記者の男性がいる可能性はあります。しかしながらネット婚活は手軽であるぶん、相手の職業や年収についての保証がない場合も少なくありません。恋愛としての気軽な出会いを求めるならば有効ですが、真剣に婚活をしたいと願うならば登録するサイトや実際に会う相手を慎重に選ぶ必要があるでしょう。

・結婚相談所で出会う
結婚に向けて新聞記者の男性と真剣に出会いたいという方に、最もおすすめしたいのが結婚相談所です。多忙かつ結婚願望が強い男性の多くは、効率的な婚活を求めて結婚相談所に登録する傾向があります。

新聞記者の男性にも、同様のことがいえるでしょう。結婚相談所への登録はハードルが高い面もありますが、そのぶん真剣かつ良質な出会いを期待できます。相手の職業や年収が確認されている場合が多いので、お見合いにのぞむ際も安心です。婚活のプロにアドバイスを受けることができるのも、真剣に結婚を望む女性にとっては大きなメリットです。

東京で新聞記者の男性と出会うなら、エクセレンス青山

新聞記者は社会的に意義が大きい仕事であるぶん、非常に厳しく多忙を極める職業です。比較的高い収入が見込めますが、結婚しても仕事中心の生活がつづくことが予想されるでしょう。妻となる女性には仕事を理解し夫を信じ、家庭を守っていく覚悟が必要です。新聞記者の男性と結婚に向けた真剣な出会いを求めるならば、結婚相談所を利用するのがおすすめです。

東京において新聞記者の男性との真剣な出会いを求める方は、エクセレンス青山の利用をおすすめします。トップレベルの成婚率を誇っているエクセレンス青山は、幸せな結婚をサポートするため多くのサービスを提供しています。まずは無料相談をお気軽にご利用ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ