コラム

生活の基盤を支えるエネルギー業界の男性と結婚したい!青山の結婚相談所のススメ

 

私たち誰しもの生活に欠かせない、電気やガス、石油などのエネルギー。そんなエネルギー業界に勤める男性は、その安定性と将来性、そして高めの年収から、結婚相手としても高い人気を誇っています。婚活を進めていくにあたって、エネルギー業界の男性に心惹かれる女性も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、分野や職種、年収事情から想定される結婚生活に至るまで、エネルギー業界の男性との結婚について詳しく解説します。エネルギー業界の男性と出会う方法についても言及しますので、婚活をする際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

エネルギー業界にはどのような分野がある?

 

エネルギー業界は、取り扱うエネルギーの種類によって大きく違い、ガス・電気・石油の3分野にわけられます。エネルギー業界の男性と距離を縮めるためにも、まずはそれぞれの業界を取り巻く現状や主な仕事内容について、詳しく確認しておきましょう。

ガス分野の主な仕事は、定められた営業区域においてガスを供給し、調理器具や冷暖房、発電などに利用できるようにすることです。環境に優しい天然ガスが販売を伸ばしている一方、家庭での需要はオール電化などに押されて減少傾向にあります。2017年には、都市ガスの小売り自由化も始まりました。現在各ガス会社は、コージェネレーションや家庭向け燃料電池など、新たな事業にも積極的に取り組んでいます。

電気分野の主な仕事は、一般家庭や企業などに、安定的に電力を供給することです。常に一定以上の需要が見込まれる分野ではありますが、東日本大震災をきっかけに、原子力発電の見直しなど環境に配慮した新たな姿勢を求められることとなりました。2016年には小売り自由化も始まり、3%程度とわずかなレベルではありますが、新たな企業の参入も進んでいます。

石油分野の主な仕事は、石油由来の燃料や商品の生産・供給です。ガソリンの供給やプラスチック・合成繊維の生産と考えれば、よりわかりやすいでしょう。日本ではハイブリット車などの普及により需要が減少傾向にあり、代わるものとして輸出や次世代エネルギーの開発などに力が注がれています。ガスや電気の分野よりも海外との交渉が多いため、海外勤務となる方もいらっしゃるようです。

エネルギー業界は年収が高い!

 

結婚相手として人生を共にする男性を選ぶ際には、人柄だけでなく年収などの条件もやはり大切です。基本的にエネルギー業界の全体の平均年収は、約691万円といわれています。

分野別では、上から石油分野が約830万円、電気分野が約736万円、鉱業分野が約686万円、ガス分野が約608万円、再生エネルギー分野が約596万円です。一般的なサラリーマンの平均年収が約441万円であることを考慮すると、全体でみても分野別でみても、非常に高水準であることがわかります。

続いて、年代別の年収推移で比べてみると、エネルギー業界の平均年収は20代で約500万円、30代で約650万円、40代で約780万円、そして50代の約850万円でピークを迎えるのです。一方、一般的なサラリーマンの平均年収は、20代で約345万円、30代で約442万円、40代で約507万円、50代以上で約622万円。20代から徐々に上がり50代でピークを迎える形こそ似ているものの、金額では常にエネルギー業界が100~200万円程度上をいく結果となっています。

総じて年収が高い傾向にあるエネルギー業界ですが、注目すべきはそこのみにとどまりません。エネルギー業界は離職率が低く、さらに勤続年数にともなって安定的に昇給が見込まれるともいわれています。

電気やガスの自由化に伴って競争の活発化が予想されるものの、需要を考えればほかの業界よりも安定していることも間違いないでしょう。エネルギー業界の男性は、将来性や安定性、高水準の年収など、女性が結婚相手に求める条件を多く兼ね備えた存在といえそうです。

エネルギー業界には職種が沢山ある

 

ここまで解説してきた通り、エネルギー業界はその需要から将来性・安定性共に抜群であり、年収の面でも申し分ありません。結婚相手として魅力的と感じた女性も多いのではないでしょうか。

エネルギー業界の職種は、大きく営業系と技術系、事務系の3つにわけられます。営業系とは、読んで字のごとく、法人や個人に自社エネルギーの営業をかける職種のことです。個人部門・法人部門でわかれており、就職してから数年はまず営業で経験を積む方も少なくありません。

技術系とは、エネルギー業界と聞いて多くの方が想像するであろう、設備の保守管理や研究・開発を行う職種のことです。大きなプロジェクトに関わることができる反面、重い責任を負うことも多いですが、そのぶんやりがいも大きいといいます。

事務系とは、営業系・技術系の職種を支える、人事・総務・法務・経理・広報などの職種のことです。特に法務や広報などは、国際化や自由化の流れに伴って、今後ますます重要性が増していくことが予想されています。

どの職種についても共通していえることですが、エネルギー業界に勤める方は協調性に優れ、責任感が強い傾向にあるようです。人々の生活を支える重要な仕事であり、業界内の競争が少ないことを考えれば、当然の結果といえるでしょう。

パートナーとして一生を共にする場合も、夫婦で話し合いながら責任を持って家庭を守っていく、幸せな結婚生活が予想されます。

ピンポイントで憧れの職業の人と出会うなら結婚相談所

 

結婚・交際する相手を探すにあたって、「相手がどのような職業に就いているか」は非常に重要です。年収は直接的に生活レベルを左右しますし、残業や休日出勤が多ければ、女性が主となって家庭を守ることが求められるでしょう。

転勤の有無によっては住み慣れた土地をいきなり離れることも考えられますし、休みや勤務時間が合わなければ生活がすれ違ってしまう可能性もあります。では、職業に重きをおく女性にとってピンポイントで憧れの職業の男性と出会うためには、どのような手段を選択すればよいのでしょうか。

お相手の職業を重視して婚活するならば、最もおすすめなのが結婚相談所です。マッチングアプリや街コンなども気軽な出会いの手段ですが、出会う相手の職業をピンポイントで指定することはもちろんできません。加えて、たまたま希望の職業に就いている男性と出会えたとしても、それが真実だという保証もないのです。

その点、結婚相談所ならば、お相手の年齢や職業をピンポイントで指定することはもちろん、年収なども保証された状態で出会いの場にのぞめます。さらに結婚相談所のもうひとつのメリットは、プロの専任スタッフのアドバイスが聞けること。結婚相手に求める憧れの職業について、ぜひその理由などを話してみてください。

希望を満たすより好条件の男性が見つかり、素敵な出会いの幅が広がるかもしれません。経験豊富なスタッフからのアドバイスは、さまざまな職業についての知識を得るのみならず、幸せな成婚を後押しするものになるでしょう。

エネルギー業界の男性を射止めよう!結婚相談所ならエクセレンス青山

 

ガス・電気・石油などのエネルギー業界は、時勢に即した変化を迫られながらも、一定以上の需要が見込める安定性・将来性のあるジャンルです。年収も一般のサラリーマンより高水準にあるため、結婚相手としては申し分ないといえるでしょう。責任感が強く協調性に優れた男性が多いため、夫婦共に協力しながら、幸せな家庭を築くことが期待できます。

エネルギー業界の男性とピンポイントで出会いたいならば、結婚相談所の利用がおすすめです。職業を指定して出会えるのはもちろん、プロによる的確なアドバイスを受けることで、より効率的に成婚に近づけるでしょう。

東京都青山に拠点を構えるエクセレンス青山は、トップクラスの成婚率を誇る老舗の結婚相談所です。無料見学やお試しお見合いも実施しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ