コラム

歯科医師との驚きの婚活体験とは?効率的に出会うなら結婚相談所が便利

結婚を考えたとき、男性の職業はとても重要なことになるでしょう。できれば安定した生活を送りたいと考える女性は多く、人気の高い職業は医師や公務員など収入が高い仕事となります。人気の高い医師のなかには歯科医師も含まれていますが、2つの職業には違いがあることをご存じでしょうか。

具体的な違いを理解しておくと歯科医師ならではの魅力や大変さを知ることができます。そこで、今回は歯科医師と医師の違いや歯科医師と出会うための方法についてみていきましょう。結婚する前に知っておきたい注意点についてもご紹介しますので、歯科医師を結婚相手に選びたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

歯科医師と医師の違いとは

歯科医師と医師は大学で6年間学ぶという共通点があり、教育の内容も似ているものが多いです。しかし、診察の対象とする部位に大きな違いがあります。歯科医師は歯科を専門とし、虫歯や歯周病など口腔に関する診察をする仕事です。一方、医師は内科や外科など専門がひとつではありません。診療科目が多くあるので、自分が進みたい道を選ぶことになります。

また、歯科医師のなかでも勤務医と開業医には違いがあります。仕事内容は同じですが、開業医の場合は歯医者の仕事だけでなく経営業務もおこなわなければならない点が異なるのです。日本では開業医の割合が多く、年収も高い傾向にあります。

平成29年度の医療経済実態調査では勤務医の年収が621万円であるのに比べて開業医の年収は約1,200万円であることが分かりました。ただし設備を改善する資金に充てているものが含まれているため、1,200万円がすべて収入となるわけではありません。

さらに細かく分類すると、勤務医も「口腔外科」「審美歯科」「矯正歯科」の3つに分けることができます。口腔外科とは口周りの外科手術をおこなう科で、審美歯科とは口元の健康と健康美を求める科です。歯を漂白するホワイトニングや金属の代わりに白い材料を詰めるセラミックインレーなどが該当します。矯正歯科は歯の矯正をおこなう科で、歯列を整えることを目的としているのです。

審美歯科は保険適用外なので、必然的に年収が高くなります。次に年収が高いのが手術をする口腔外科で、3つのなかで一番技術力を必要とされる矯正歯科は口腔外科と同じくらいの年収か、少し低くなるのです。

自然な出会いは無理?歯科医師との婚活体験談

勤務医と開業医、さらには勤務医のなかでも口腔外科・審美歯科・矯正歯科で年収は変わりますが、歯科医師が結婚相手として魅力的であることには変わりありません。しかし、歯科医師と自然に出会うことは難しいでしょう。自分からアクションを起こしたほうが確実に出会えるので、できることから始めてみるべきです。ここでは、歯科医師と出会う方法を2つみていきましょう。

患者として通う

ひとつ目の方法は、患者として歯医者に通うことです。歯科医院の数は2016年現在で7万件近くあり、病院に併設されているものも含めると総数は17万以上となります。患者として通えば、歯科医師と出会うことは容易です。自宅周辺にも複数の病院や歯医者があるのではないでしょうか?

まずは、顔を覚えてもらうために定期的に通いましょう。虫歯がなくても定期健診や歯石取りをお願いすれば定期的に通うことができます。患者として接触しているうちに顔見知りとなり、プライベートなことを喋れるようになるかもしれません。

同じ職場に勤務する

ふたつ目の方法は、同じ職場に勤務することです。歯医者を目指す必要はなく、病院ならば医療事務として、歯医者ならば歯科助手として働くことができます。ただし病院の場合、医療事務だと医師と接触する機会が少ないので、働くならば歯科医院のほうがおすすめです。

歯科助手とは歯科医や歯科衛生士をサポートする仕事で、受付・会計・器具のセッティングなどをおこないます。資格がなくても働くことは可能ですが、歯科助手の民間資格を取得しておくと、より働きやすくなるでしょう。

結婚相談所なら効率的に歯科医師と出会える

「患者として通う」「同じ職場に勤務する」という2つの出会い以外にも、確実に歯科医師と出会う方法があります。それは、結婚相談所を利用することです。結婚相談所には、歯科医・医師・キャリア官僚などのエグゼクティブな人が多く登録しています。結婚願望の強い人が登録しているので、結婚までの道のりはスムーズでしょう。

患者として通ったり同じ職場に勤めたりして出会うことはできますが、あまり効率的ではありません。人柄を判断し、結婚願望があるかを探らなくてはならないからです。結婚相談所に登録している人であれば、会う前に詳しいプロフィールを知ることができます。また、結婚願望について心配する必要がありません。

結婚相談所に登録したら、歯科医師と出会いたい旨をしっかり伝えましょう。年収などの条件も明確にしておくと理想通りの人に出会いやすいです。また、結婚相談所に登録すると自分磨きができるというメリットもあります。歯科医師は家庭的で自分をサポートしてくれる女性を好む傾向があり、派手な人よりは落ち着いた知的な人を求めていることが少なくありません。

結婚相談所では婚活に適したファッションやメイクを教えてくれるので、自分の服装や化粧を見直すきっかけができます。派手なファッションが好きな人は、少し落ち着いた雰囲気のものへシフトするとよいでしょう。

さらに、婚活の合間に料理教室へ通ったり医療事務の資格を取得したりすると、より効果的です。医療事務の資格を取得すれば、出会った男性が開業医の場合に仕事をサポートすることができます。効率的に、婚活を勧めていきましょう。

歯科医師と結婚するなら知っておきたい注意点

年収が高く安定しているように見える歯科医師ですが、結婚する前に知っておくべき注意点があります。よいところばかりに着目していると結婚した後に不満が出やすいので、注意点を知っておくことは大切です。

廃業のリスクがある

現在、歯科医院の数はコンビニの数よりも多いといわれています。新しい技術を取り入れたり院内をリラックスできる環境に整えたり、さまざまな工夫をしていかないとライバルに勝てず廃業する可能性があるのです。開業医として成功し、今は高収入を得ていても新しい歯科医院が近くにできてライバルに顧客を奪われる可能性が常にあることを理解しておきましょう。

多忙で家を空けることが多い

病院自体は休みでも歯科医師は休日に勉強会や講演会へ行かなくてはなりません。医療は常に進歩しているので、歯科医師は新しい知識を身につける必要があるのです。土日も家を空けることが多いため、夫の忙しさを理解していないと寂しく感じるでしょう。子どもができた場合には、1人で子育てをする覚悟がないと不満が募っていくばかりです。

講習会などの出費がかさむ

収入が多くても講習会などの出費がかさむため、想像以上に出ていくお金が多くなるでしょう。新しい技術を学ぶためには、講習会や勉強会への参加は必須となります。快く送り出し、夫の忙しさを理解しないと結婚生活に不満が出てしまうでしょう。ほかにも設備投資やメンテナンス費の出費があります。開業医として経営を続けていくためには投資が必要なので、お金の管理をしっかりおこなうことが妻に求められるのです。

まとめ

歯科医師と知り合うためには、結婚相談所の利用がおすすめです。効率的に出会うほうが婚活に集中でき、成果も出やすくなります。東京にある結婚相談サービス「エクセレンス青山」は、会員数が6万5千人以上おり、会員のなかにいる歯科医師と出会うことができます。

パーティーやイベントを定期的に開催しておりますので、出会いの機会は多いです。婚活がはじめてでも専任カウンセラーが婚活をサポートいたしますので、安心して婚活に励むことができます。無料見学や無料カウンセリングをおこなっていますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ