コラム

結婚式の形

恋を実らせ、愛を育んだカップルがいよいよ結婚となります。

日本での結婚式の形は、教会、神前、仏前、人前などがあります。
また、結婚式は挙げずに写真館で記念の写真を撮るだけというカップルも増えてきているようですね。

教会式では「主の御前で二人がお互いに愛を誓い合う」もので、個を重要視していますし、神前式では「家と家が結びつく」という考えの下、家系というものに重きを置いています。
また、仏前式では「出会いの縁への感謝、ひいては先祖への感謝とともに愛を誓う」もののようです。
このように結婚式を何式にするかで意味合いも変わってくるようですが、そこまで考えて式の形を選んでいる人はどのくらいいるのでしょう。
今日ではどの形式も、だいぶ現代感覚を取り入れているようですが、人前式などはその最たるものではないでしょうか。

いずれにしても人と人が結びつくということは、その二人だけの縁に留まらず、過去を含めた人々の縁があってこそなのだと思うのです。
結婚式では、当事者も参列者もぜひ、そういうことにも思いを馳せてほしいと思います。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ