コラム

自衛官と出会いたい!自衛官との婚活・結婚に向いている人の特徴とは

「安定した職業」の代表とも言える公務員ですが、公務員には都庁や県庁、市区役所、警察官などさまざまな仕事があります。そんな様々な公務員の中でも、最近婚活女子の間で人気が高まっておるのが「自衛官」。

安定した公務員は、婚活市場における超人気職業のひとつ。そのためモテる人が多く競争率が高いと思われがちです。しかし自衛官は、ほかの公務員と比べると出会いが少なく、実は狙い目の職業なのです。

今回は、自衛官の仕事内容や結婚相手として見たときの魅力、自衛官の妻ならではの苦労、自衛官に選ばれる女性像など、詳しく解説していきます。安定した結婚生活に憧れる婚活女子の皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

自衛官が婚活で人気の理由

早速、婚活で自衛官人気が上昇している理由をチェックしていきましょう。

モテるのは陸上自衛隊?仕事の内容

多くの人は自衛隊として一括りに考えてしまいがちですが、実は自衛隊は3つの部隊に分かれています。そして、3つの部隊はそれぞれ異なる役割を担っています。中でも一番モテるのは陸上自衛隊とのうわさもありますが、それぞれどんな違いがあるのか詳しくみていきましょう。

・陸上自衛隊
自衛隊の中でもっとも隊員数が多いのが陸上自衛隊です。国内に約160箇所の駐屯地があり、外国からの国賓を警護するほか、不発弾の処理、災害時の救済措置などさまざまな仕事をしています。

・海上自衛隊
海上自衛隊は、海に囲まれた日本の国土を周辺の海域から安全確保をするのが主な仕事です。例えば、日本の領海に海外の船が不法に入ってきた場合、海上保安庁が対応しきれないときに海上自衛隊が引き継いで対応します。そのほかにも、人や貨物を運搬している商船を、海外で海賊から守るのも海上自衛隊の仕事です。

・航空自衛隊
航空自衛隊は、空から日本の安全を守るのが主な仕事です。海外から日本の領空に侵入してきた航空機に警告を出す対応や、海外から発砲されるミサイルの監視なども行います。航空自衛隊のパイロットは、自衛官のなかでも特に給料が高いようです。

自衛官は公務員という安心感が魅力

自衛隊男性と結婚するメリットを具体的にみていきましょう。

・収入や雇用が安定している
自衛官は「特別職国家公務員」という公務員職にあたります。そのため雇用が安定しており、よほどのことがない限り職を失うようなことはありません。会社員のようにリストラのリスクがないというのは大きな魅力ではないでしょうか。

また、給与や福利厚生制度も充実しているので安定した収入を得られます。若いころはそれほど年収が高くないかもしれませんが、勤続年数を重ねることで年収は上がっていきます。安定と高年収を両立できるのは素晴らしいですね。

・家族を大切にしてくれる人が多い
自衛官は「人の役に立ちたい」、「国民を守りたい」という強い意志を持って志願する人が多いからか、家族を大切にすることで知られています。また「家族を守れない者に国は守れない」という考えを持っていることも、家族を大切にする要因のひとつです。

・心身が鍛えられているので頼りがいがある
毎日厳しいトレーニングを継続して、日々体を鍛えている自衛官はいざという時にとてもたよりになります。礼儀なども厳しく指導されるため、真面目でしっかりした人が多いのもプラス要素。家族思いで頼りがいがあるなんて、結婚相手としてこれ以上の条件はないのではないでしょうか。

自衛官の妻ならではの苦労もある

自衛官という特殊な職業の男性との結婚は、良いことばかりではありません。自衛官の妻だからこその気苦労もあるので、結婚を考えている場合はあらかじめ覚悟しておくことが必要です。

・勤務時間や転勤で生活が変わる可能性がある
自衛官とその家族は仕事の都合に合わせて生活がガラッと変わってしまうことがあります。

自衛官の勤務時間は勤務地によって異なります。なかには24時間体制の勤務地もあるので、不規則な暮らしを送る夫の健康管理は自衛官ならではの気苦労となるでしょう。それに夫の不規則な生活は、妻や子供にも影響します。同じ家で暮らしているのにすれ違いが生じたり、夫に合わせて夜型の生活になることもあるようです。

また、陸・海・空問わず全国の駐屯地や基地に転勤する可能性があります。もちろん、転勤の可能性は自衛官だけのものではありませんが、環境の変化に適応しにくい人にとっては大きなデメリットとなります。

短期間で転勤するというケースもあり、その都度自宅環境や人間関係を再構築するのは意外と大きな負担になります。子どもがいる場合は転校する必要もあります。子どもにとっても負担となるでしょう。家族は同行しない単身赴任という選択肢もありますが、家族がバラバラで生活することにもデメリットは存在します。

・危険が隣り合わせ
自衛官は国内外で大きな災害が発生した場合、人命救助を含む救助活動のため各地に派遣されます。人の命を助ける素晴らしい仕事ですが、災害が起きている場所に出向いていくので自衛官の安全の保障はありません。派遣された夫が無事に帰ってくるか不安な状態で待つというのは、大きな負担になるでしょう。

また、救助活動が長期化すれば、その間帰宅することができません。海外であれば1年以上不在になることもあります。普段は家族を大切にしてくれる夫でも、離れて暮らしていては助けてもらうことができません。夫の不在中は、育児や家事などはすべて妻1人で行わなければならないというのもツライですね。また、妻が仕事をしたい場合も、仕事と家事や育児との両立が難しいという問題があります。

・定年が早い
一般的な仕事は60歳が定年と決められていますが、自衛官の定年は55歳です。再就職制度が充実しているため、定年後の再就職はしやすいといわれていますが、住宅ローンを組む場合は、定年が早いことを見据えた上で返済計画を立てなければなりません。

最近は結婚する年齢が上がってきています。30代半ばなどで結婚をして55歳が定年となると、老後の資金計画を立てるのに苦労するかもしれません。

自衛官と結婚するのが向いている人の特徴

・転勤に同行してくれる人
自衛官が結婚相手に求める条件として上位に来るのは、やはり「転勤に同行してくれる人」です。自衛官は入隊した時点で転勤があることが分かっています。そのため、婚活などで結婚相手を探すときは、まずこの条件に同意してくれるかどうかを確認する方も多いようです。

長くて5年、短いと2年に1回のペースで転勤がある自衛官。安易に頷きにくい条件かもしれませんが、夫としては家族についてきて欲しいと思うものです。自衛官を結婚したい場合は、転勤についていけるかどうかをよく考えてみましょう。

・心身ともにタフな人
度重なる転勤でも前向きに自宅を整えてくれる人、新天地で新しい人間関係を構築できるような心身ともにタフな人も、自衛官が求める女性像として挙げられます。

短期間での転勤が続くと、やっとその土地に慣れてきたころに引っ越しをすることになります。自分はまだしも子どもがいる場合には、子どものメンタル面もしっかりサポートする必要があります。

環境の変化に柔軟に対応できて、前向きに楽しめる女性が自衛官の妻に向いています。

・料理が好きまたは上手な人
自衛官は毎日ハードなトレーニングを行っていますので、自衛官にはたくさん食べる人が多いようです。そして健康で丈夫な体を維持するためには、栄養バランスの良い食事も欠かせません。そのため自衛官の妻には、料理が好きで、家族においしい食事をたくさん作ってあげたいと考えられる人がピッタリです。

・夫を支えたいという気持ちが強い人
自衛官は勤務時間が不規則であることが多いですし、常に危険と隣り合わせ。災害地に派遣されて、何ヶ月も自宅に帰れなかったのに「ずっといなくて家事も育児も大変だった」とこぼすような妻では、夫は家に帰っても安らぐことができません。そのため自衛官として働く男性は、疲れて帰った夫をねぎらってくれるような温かい女性を求める傾向にあります。

自衛官との婚活・結婚するなら

競争倍率の高い安定した公務員の中でも出会いが少なく狙い目の自衛官。自衛官との結婚には、自衛官の妻となるからこそのデメリットがある反面、多くのメリットもあります。頼りがいがあって、安定した収入のある自衛官。そんな自衛官との出会いを求める方におすすめしたいのが、結婚相談所の活用です。

自衛官は男性の職員が多く、駐屯地での勤務となるため交際や結婚の相手を探すのに苦労する人が多いようです。そのため、婚活パーティーや結婚相談所を活用して出会いを求める自衛官も大勢いるということです。

自分の規模するお相手を紹介してもらえる結婚相談所なら、出会いが不足した自衛官にターゲットも絞ることも容易です。ぜひ結婚相談サービス「エクセレンス青山」の無料相談をお気軽にご利用ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00?21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ