コラム

結婚相談所への入会が出来ない場合もある…入会段階から断られる人の特徴

本格的な婚活手段として頼りになる結婚相談所。そんな相談所に入会するのは、結婚へ向けての大切な第一歩です。ところが、結婚相談所の入会には審査があり、場合によっては入会できないケースがあるのをご存知でしょうか? こちらでは、結婚相談所への入会を断られてしまう人によくある特徴をご紹介します。

断られる人の特徴①:理想が高すぎる

結婚相談所では、結婚を最終目的としているからこそ、著しく成婚できる可能性が低い方の入会をお断りすることがあります。その一例としてよくあるのが、自分自身を顧みずに高すぎる理想を追い求めてしまうケースです。

結婚は自分だけの希望で叶えられるものではなく、おふたりの希望がマッチしたときに初めて叶えられるものです。アドバイザーによる面接で、一方的に高い条件を求めすぎていると判断された場合、入会を拒否されてしまうことがあります。

断られる人の特徴②:年齢が高すぎる

結婚相談所では、入会を希望している方の年齢に、ある程度の制限が設けられていることがあります。これは、できるだけ多くの方とのマッチングを叶えるため。年齢が離れすぎている場合、条件でお相手が見つけられない可能性があるのです。

一般的に、結婚相談所に登録している男性は、より年齢の若い女性を選ぶ傾向にあります。その理由のひとつは、結婚後に子どもを希望しているからです。女性の妊娠・出産は高齢になるほどリスクが高くなるため、年齢が重視されやすいといえます。

ただし、年齢が高すぎるからといって、すべての結婚相談所に入会できないとは限りません。場合によってはシニア向けの結婚相談所を利用するという手もあるため、ご自身のニーズに合わせて検討してみましょう。

断られる人の特徴③:相手に経済的に依存したいのが透けて見える

昨今、男性が女性を経済的に支えるスタイルのほかに、さまざまな家庭のあり方が受け入れられるようになりました。そんな中で、経済的に余裕のあるセレブ男性が自立した女性を選ぶケースも増え、経済的な依存は結婚の前提でなくなってきました。

そもそもお金目当てで近づいてくる女性へ、男性からの印象は良くありません。たとえセレブ婚を希望してエグゼクティブ結婚相談所へ入会する場合であっても、男性へ経済的に依存したいという考え方は、隠しておくのがマナーです。

結婚生活を送るためにはお金が必要であり、結婚を考えるうえで経済的な条件が重視されるのは当然といえます。しかし、あからさまに年収だけで男性を評価するなど、失礼な態度の方は審査に落ちてしまう可能性があるようです。

断られる人の特徴④:そもそも結婚願望がない

結婚相談所は、本気で結婚を希望する男女が集まるからこそ、高い成婚率を実現できています。入会時には独身証明書の提出が義務付けられており、すでに入会されている方たちは、アドバイザーのサポートのもとで積極的に婚活を続けています。

このように、結婚願望が強く本気で婚活をされている方だけが集まっているのが、ほかの婚活方法と比べたときの結婚相談所の強みです。そのため、そもそも結婚願望がない方は、残念ながら結婚相談所に登録するのが難しいといえます。

まずは入会できる状態になりましょう!

婚活で結婚相談所への入会を考えている方は、これらの特徴に当てはまることがないかどうか、改めて見直してみましょう。入会に審査があるというのは、ややハードルが高いように感じるかもしれません。しかし反対に考えると、審査をクリアした方が集まるからこそ、結婚相談所には良質な出会いが期待できるのです。

結婚相談所は、本気で結婚を考えている男女が集まる場所です。また、本気で結婚をサポートするアドバイザーが、在籍している場所でもあります。これから結婚相談所で理想の結婚を叶えたいとお考えの方は、東京の結婚相談所「エクセレンス青山」まで、ぜひご相談にお越しください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ