コラム

結婚できない女性には特徴アリ!自分の欠点を見直してエリート男性をつなぎとめよう

気になるエリート男子と出会っても、なぜかお相手が自分を気に入ってくれない――そんな経験が一度や二度ではなく、何度も続いてしまうと、自分のどこが悪かったのかと不安になってしまいますよね。

そこで今回は、婚活でエリート男性を困らせてしまう、よくある女性の行動についてご紹介します。

特徴1:悪口ばかり言う


エリート男子とのデート中の会話を振り返ってみると、いつも誰かの悪口を言ってばかり……そんな自覚がないでしょうか?

たしかに、心を許した男性にはなんでも話したくなってしまいますよね。とはいえ、常に同僚や上司、友達の悪口を聞かされてばかりいると、さすがにお相手の男性も疲れてしまいます。

ネガティブな話題は、話している側にとっても聞いている側にとっても、意外と体力を使うものです。

もちろん恋人同士になったらお互いに誰かの悪口を聞いてもらう機会があるかもしれませんが、それはまだ先の話。婚活でエリート男性に気に入ってもらいたいなら、悪口はなるべく控えておきましょう。

特徴2:自己中心的


結婚して夫婦になると、二人で協力して乗り越えなければならない困難が、数多く待ち受けています。厳しい状況に置かれたとき、そこから抜け出すにはパートナーとの協力が欠かせません。

将来まで見据えて本気で婚活をしているエリート男子は、そんなときでも一緒に力を合わせて頑張れるような女性を探しています。

だからこそ、いつも自分のことばかり考えているような自己中心的な女性は、エリート男子から避けられる傾向にあります。

「この人と結婚しても、お互いに支え合うのは難しいかもしれない……」

そんな風に見られないためにも、自己中心的な考え方がクセになっている場合は注意しておきましょう。

特徴3:感情表現がヘタ/露骨


嬉しいことや楽しいことがあったら自然と笑ったり、悲しいことがあったら黙っていないで自分の気持ちを伝えたり、大人になるとシンプルな感情表現さえ難しくなってしまうことがあります。

しかし、あまりに感情表現がヘタだと、お相手を「この人は一体何を考えているのだろう……?」と不安にさせてしまうこともあるのです。自分の感情を適切に表現できるよう心がけてみましょう。

ただし、だからといって露骨に感情をむき出しにすればよいわけではありません。相手を思いやることなく感情をぶつける行為は、“感情的”や“ワガママ”という印象につながってしまうことも。

あくまで大人の女性として恥ずかしくない範囲での感情表現を目指してみてください。

特徴4:自慢話が多い


気になるお相手には、自分の良いところをたくさん知ってほしいですよね。しかし、やり過ぎたアピールは“自慢話”とみなされ、自分の評判を高めるどころか、その反対に逆効果となってしまうことが珍しくありません。

エリート男子の彼に振り向いてほしい一心で、いつもアピールをしすぎてしまう自覚があるときは、注意が必要です。自分の話をするだけでなく、相手の良いところも探してみましょう。

自分の欠点も相談所ならアドバイザーさんに相談できるから嬉しい


今回は、エリート男性になかなか気に入ってもらえないときに、注意しておきたいポイントをご紹介しました。とはいえ、自分で自分の欠点を振り返るのは、意外と難しいもの。

婚活が上手くいかず、さらには自己分析でも行き詰まってしまったときは、ぜひ結婚相談所のアドバイザーへご相談ください。

結婚相談所には、これまでに数々のカップルを成婚へと導いてきた、経験豊富なアドバイザーが在籍しています。

婚活中の恋愛相談ができるのはもちろんのこと、気になる自分の欠点が見えなくなってしまったときも、第三者の目線からアドバイスをもらえます。困ったときはぜひアドバイザーを頼りにしてみてください!

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ