コラム

東京の医師と結婚したい!ゴールインまでの戦略

女性の多くが一度は憧れるセレブ婚ですが、その中でも、安定した高収入が見込める医師と結婚したい女性は多いのではないでしょうか。特に東京には大病院に勤務している医師や開業医が多く、結婚したい相手として婚活中の女性から高い人気があります。その分競争率も高くなるため、成婚を実現するためには有効な戦略を考える必要があります。 ここでは東京の医師と結婚をしたい女性に向けて、ゴールインするための戦略を詳しくご紹介します。

いつの時代も医師は人気

テレビや雑誌などでときどき見かける「結婚したい職業」のランキングにおいて、医師は常にトップを飾るほど人気が高い職業です。その時の時代や流行によって多少変わるものの、「弁護士」「公務員」と共に常に上位にランクインしています。

医師が結婚相手として高い人気がある理由は、「人の命を救うという使命に全力で向かう姿が尊敬できる」「健康面をサポートしてもらえるので安心」「白衣を着て診察をしている姿に魅力を感じる」という点も挙げられます。

結婚相手として人気の医師・弁護士・公務員に共通して言えるのは、景気に左右されず安定した収入を得ることができるのも高い人気を得ている理由です。 「恋人にしたい職業」のランキングではIT系やスポーツ選手などその時の時代で注目されている職業についている人がランキングされますが、「結婚したいランキング」ではどんな時代でも医師・弁護士・公務員が常に上位に位置しています。 女性は出産や育児で働けなくなる時期があるため、結婚相手には安定した高い収入がある方を求める方は多いでしょう。

開業医は転勤の可能性は限りなくゼロに近い

医師は大きく分類すると、大学病院や大きな総合病院で務める勤務医と、個人で病院や診療所を営んでいる開業医に分けられます。開業医は医師個人が患者の診察と病院の経営の両方を行っており、勤務医を経て自分の地元などで開業するケースも少なくありません。

また、限定した地域で病院を開業しているので、他県などへ転勤をすることは限りなくゼロに近くなります。そのため東京で開業をしている医師と結婚している場合は転勤することなく、そのままずっと利便性の高い東京に住み続けることが可能なため、同じ医師の中でも東京開業をしている医師は、勤務医や他の地域で開業している医師に比べると人気が高くなる傾向があります。

なお、厚生労働省の調査では、同じ医師でも大学病院や総合病院に所属して勤務している勤務医と比べると、1.7倍ほど高収入になるとされています。

勤務医は医局の都合による転勤が起こりうる

よく耳にする「医局」という言葉がありますが、医局とはどんなものかご存知でしょうか。 医局とは簡単に言えば、大学病院において診療科や研究室に別に分かれているグループ組織のことで、大学病院では教授を筆頭に助教授・講師・医員・研修医で構成されています。

医局に在籍をしていると、提携している地方の大学病院や総合病院が人手不足あるいは空きが出た場合は、教授の指示に従って地方の病院に赴いて勤務しなければなりません。そのため、東京の大学病院にて勤務していたとしても、地方の病院に勤務することがあります。

転勤の期間が数年で終わって東京に帰ってくる場合もありますが、医師不足の地域ではそのまま地方の病院に勤務し続けなければならない可能性もあるのです。

医師と結婚するメリット

医師と結婚するとメリットが多いと考える方も多いのですが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。

一つ目はやはり経済的に安定している点が挙げられます。 医師の年収は一般的な企業に勤務している方と比べて、およそ3倍ともいわれています。そのため、結婚後の生活費や出産・育児にかかる費用をあまり心配しなくてすむのです。老後を二人で暮らしていくための貯金や資産も十分に作ることができるでしょう。

二つ目は、何らかの事情で閉院あるいは退職した場合でも、すぐに新しい勤め先を見つけることができるという点です。特に東京在住であれば病院の数も多いため、自分の希望や条件の合った勤務先を見つけやすいといえます。

三つ目は、実家が裕福であることが多いという点です。医師になるには大学の医学部を卒業して医師免許を取得する必要がありますが、大学の医学部は他の学部に比べると授業料が高いのです。私立大学の医学部では、年間授業料が数千万円という大学も少なくありません。したがって、医師の親も高い授業料を払える経済力を持っていることが多く、結婚後にお金に困るようなリスクが発生する可能性が低いといえます。

医師と結婚するデメリット

医師と結婚にはデメリットがないわけではありません。医師との結婚でデメリットになる点を挙げてみましょう。

勤務医の場合は通常の勤務以外に当直や急患の対応に忙しいことが多く、収入は良いけれどかなり仕事はハードといえます。そのため家にいる時間が少なくなり、家事や育児の協力は期待できません。勤務医の中には家には寝に帰るだけという医師も少なくないため、家族の時間を十分に持つことはなかなか難しいでしょう。

また開業医の場合は勤務医に比べると時間的な余裕はありますが、開業医は女性に人気の職業なので女性に言い寄られることも少なくありません。そのため常に浮気の心配をしなければならないという不安があります。また医師の妻になると患者や看護師の目を意識して立ち振る舞いに常に気を付けている必要があり、精神的な負担を感じる方もいるようです。

医師に選ばれる女性の特徴

男性の医師はどんな女性と結婚したいと考えているのでしょうか。ここでは医師に選ばれる女性の特徴をご紹介します。

開業医の妻は多くの患者や看護師と接する機会が多く、時には医師であるご主人と一緒に医師会などの集まりに出席しなければならないこともあります。そのため人前に出ても恥ずかしくない女性でなくてはなりません。あまり派手でなく清楚で上品な雰囲気の女性が好まれます。

また子供が生まれた場合は、子供も医師にしたいと考えている方も多く、妻になる人にはある程度の学歴を求める医師も多いようです。

さらに、医師は人の命を扱うという緊張感やプレッシャーも多く、日々の業務では精神的な負担を感じている方も多く見られます。そのため、家では何も考えずにリラックスさせてくれるような、気配りができる女性を求める傾向にあります。

医師と結婚した後の自分の仕事

開業医と結婚した場合は、地域の人や患者とのコミュニケーションを取ったり、医師会やパーティなどに夫婦で出席したりする機会があります。勤務医と結婚した場合、病院によっては医師の妻の集まりである「婦人会」に参加する可能性があります。医師と結婚した場合は、医師の妻として様々な人と良好な人間関係を築いていくという仕事を担うことになります。

開業医の場合は、事務や経理、スタッフ管理などを任されることも少なくありません。もちろん医療知識や資格が必要な仕事はできませんが、裏方としてできる限り開業医の夫を支える必要があるでしょう。

また、医師の仕事は激務ですので、家事や育児家庭の中のことは妻がメインで行うことになります。夫の体調管理やケアなどを含め、しっかりと家庭を守る役割もあります。

医師との結婚でクリアしなければならない課題

医師の仕事は毎日患者を向き合いながら命を扱う大変な仕事です。そのため夫は家庭のことはどうしても後回しになってしまいがちです。親戚との付き合いから育児や家庭で起こるすべての事を妻一人で解決しなければならないと思っていた方がよいでしょう。

夫に相談してもなかなか時間が取れず、夫主導で対応するのは困難な状況が予想されるため、妻が一人で何事もこなせるようになり、精神的に自立することが課題といえます。

東京にいることも望みなら相手の勤務形態は要確認

結婚しても東京から離れたくないのであれば、勤務形態の確認はとても重要です。 勤務医の場合は医局の都合で地方の関連病院に転勤する可能性があります。いずれ東京に戻ってくるとわかっている転勤であれば良いのですが、中には転勤期間が不明の転勤や、転勤先からまた違う地方への転勤があることも考えられます。 一方、開業医であれば、よほどのことがない限りは閉院をして東京を離れることはないでしょう。

出会って日の浅い頃に、さりげなく勤務医か開業医であるのか確認し、相手が勤務医であれば転勤の可能性がどれくらいあるのかも聞いてみるとよいでしょう。

医師と出会うためにハイクラス結婚相談所に登録!

医師は他の業種に比べると自由な時間が少ないため、医師が結婚する場合は、同業者か友人の紹介、結婚相談所での紹介がきっかけであることも多いのです。特に結婚相談所に登録している医師は、本気で結婚相手を探している方なのです。

そのため、医師との結婚を希望する女性は、医師や弁護士と言ったハイスペックな男性が多く登録しているハイクラスな結婚相談所に登録することをおすすめします。真剣に婚活をしている医師と出会えるため、成婚に至る可能性もぐっと高まるのです。

東京の南青山にある「エクセレンス青山」は、医師や弁護士などをはじめ、ハイクラスな男性が多く登録している結婚相談所です。数多くの成婚を達成させてきたプロのカウンセラーが出会いから成婚までを全力でサポートしており、成婚率と利用者の満足度は業界でもトップを誇っています。セレブ婚を目指す方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ