コラム

ハイスペックな人が集まる結婚相談所|高学歴・高収入女子の戦い方は?

結婚相談所にはハイスペックな男性が集まると聞いて、気になっている女性も多いのではないでしょうか? 高学歴・高収入の女性は、婚活市場では特に苦労しやすいのが悩みどころ。本当に納得できる結婚ができるのか、やや心配ですよね。

ここでは、そんなハイスペック女子のみなさんへ向けて、婚活のコツをご紹介します。社会では高い評価を得ているのに、婚活では思い通りにいかないこともあるかもしれません。気持ちを切り替えて、上手に婚活を進めていきましょう。

学歴と晩婚化の関係性

女性の進学率は1960年代から上昇を続け、2003年には48.3%に達しています。そんな女性の最終学歴と未婚率には関係があると見られており、高学歴であるほど未婚率が高い傾向にあるようです。2000年に実施された国勢調査では、25~29歳高等学校卒の未婚率が45.1%、短大・高専卒が56.5%、大学・大学院卒が69.3%でした。女性の高学歴と晩婚化の関係性は、婚活市場においても決して無視できない問題です。

参考:内閣府「1 仕事と子育てを両立できる環境整備の遅れや高学歴化」

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2004/html_h/html/g1221010.html

高学歴・高収入女子が婚活で苦労するポイント

すでに婚活中の女性は実感があるかもしれませんが、高学歴・高収入女子ほど婚活で苦労することがあります。なぜならば、社会では好条件として受け入れられるハイスペックな経歴も、婚活市場ではそれほど需要が高くないためです。

婚活を始めたばかりの高学歴・高収入女子は、これまでの社会で受けてきた評価とのギャップに、最初は苦労するかもしれません。婚活市場には婚活市場で評価される条件があり、婚活を成功させるためにはそこでの評価を勝ち取る必要があるのです。

高学歴・高収入女子に対する男性の思い

それでは、婚活市場における高学歴・高収入女子の需要がそれほど高くないのは、一体どうしてなのでしょうか? その理由としては、ハイスペックな女性に対するハイスペックな男性の複雑な思いが関係しています。

男性の中には、結婚相手から自分の経歴や収入を評価されることを望んでいる方が多くいらっしゃいます。そのため、女性の経歴や収入が自分と同等であったり、あるいはそれよりも優れていたりすると、人間関係が上手くいかないことがあるのです。

そんな男性は、ハイスペック女子を「結婚相手」として見ることができず、「ライバル」として認識してしまうことも……。自分よりも優秀な男性の総数が少ないからこそ、高学歴・高収入女子は婚活中の苦労が絶えません。

高学歴・高収入女子の婚活の進め方

高学歴・高収入女子の婚活で注意しておきたいのは、「自分よりも高い条件の男性を狙うことにこだわりすぎない」ことです。お相手に求める条件を自分と同等かそれ以上に絞り込まず、柔軟な考え方で婚活を進めていきましょう。

たとえば、結婚相談所でアドバイザーに相談しながら、どうしても譲れない条件のみを絞り込んだうえで、幅広い男性とマッチングしてみてください。経験豊富なアドバイザーがおふたりの相性を考えながら、相応しい男性をご紹介いたします。

さまざまな男性とマッチングしてみると、結果として1人で婚活をしていたときには気づかなかったような、意外な結婚の形が見えてくるかもしれません。

ハイスペック向きの結婚相談所なら上手に婚活を進められる!

高学歴・高収入の女性が婚活を始めるなら、一般的な結婚相談所よりもハイスペック向きの結婚相談所への入会がおすすめです。エクセレンス青山は、ハイスペック女子に特化した婚活のノウハウで、あなたのご成婚をサポートいたします。

ハイスペックな女性だからこそ、却って苦労することがある婚活。そんな婚活をプロと一緒に上手に進めるために、ぜひ結婚相談所を活用しましょう。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ