コラム

お見合い後も好かれる「人気をつかむ女性」の会話術

お見合いで人気の高い女性は、どのように男性の心をつかんでいるのでしょうか? 実は、難易度の高いテクニックが必要なわけではなく、まずはお互いに相手のことを知り、会話を楽しむことが大切です。そのために、会話の基本を押さえてお見合いの成功を目指しましょう。今回は、お見合い後も好かれる会話術をご紹介します。

お見合いで会話が全く続かないことのデメリット

お見合いで結婚相手を決めるときは、限られた時間でお互いの相性を見極め、関係性を発展させていく必要があります。そんな状況で、お相手の男性について知るためにできることが「会話」です。婚活の成功と根本的にかかわる「会話」が全く続かなければ、いつまで経っても交際のチャンスを掴めないことも……。

実は、婚活で男性からの人気をつかむ女性は、ほかの女性と比べて「会話」が上手な傾向にあるようです。会話が上手といっても、コメンテーターのように口達者であったり、お笑い芸人のように機転が利いたりするような、特別な能力があるわけではありません。お見合いの会話では、以下でご紹介するコツを心がけてみましょう。

お見合い会話のコツ①受け身で居続けない

お見合いの会話は2人で相互に行うものです。男性のリードに期待しすぎないよう注意しましょう。いくら片方が会話をする努力をしても、もう片方が受け身で居続けているならば、いずれは2人とも会話が全く続かない状態に陥ってしまいます。

「相手から話しかけられるのを待っている」「質問されるまで自分のことを話さない」そんな心当たりがないでしょうか? 受け身の会話を脱却して、自分も一緒に会話を楽しむために、こちらからも適度に話題を提供してみてください。

その場で思いつかないときは、当日話したいことを事前に考えておくと良いかもしれません。「先日、話題になっていた〇〇へ行ってみました!」「これは趣味で作っている〇〇です。ちょっと見ていただけますか?」など、いくつか用意しましょう。

お見合い会話のコツ②一方的にしゃべらない

基本的には、積極的に会話に参加するのは大切なことです。しかし、口を開けば自分の話ばかりして、一方的に相手を聞き役にさせてしまうのも、好ましくありません。お相手は自分の話を聞いてもらうことができず、不満を感じることでしょう。

お見合いの会話は、2人で相互に行うもの。「その場は盛り上がっていたように感じたけれども、思い返してみると相手の話をほとんど聞いていない」そんな風に反省することが多い方は、自分の話す量の配分を意識して抑えることが大切です。

一方的な話し過ぎを防ぐために、質問をするテクニックを磨きましょう。たとえば、相手の好きな食べ物が寿司だとしたら、「お寿司で一番好きなネタはなんですか?」「一押しのお店はありますか?」と話題を広げることができます。

お見合い会話のコツ③質問をはい・いいえで終わらせない

会話をできるだけ長く続けるコツは、ひとつの話題を少しずつ広げていくことです。話題を広げるためには、会話を途切れさせないように、お互いに意識して情報を発信する必要があります。質問に答えるときは「はい・いいえ」だけで終わらせるのではなく、その後に話題を広げるための情報を加えてみましょう。

たとえば、「犬は好きですか?」と質問されたとき「いいえ」と答えたとします。これに続けて「子どもの頃に噛まれてから、犬は苦手です。でも、猫は好きです。実家で2匹飼っています」と答えれば「猫もかわいいですよね。動物が好きな方で安心しました」「将来、ペットを飼う予定はありますか?」……と、会話が続きます。

結婚相談所のアドバイスを活かしてより弾む会話をしましょう!

お見合いの会話に自信が持てないときは、ぜひ結婚相談所のアドバイザーにご相談ください。結婚相談所では、お相手の男性の紹介だけでなく、恋愛相談も承っております。会話にまつわるお悩みは、第三者によるアドバイスを活かしつつ、少しずつ経験を重ねて改善を目指しましょう。幸せなご成婚のお手伝いをさせていただきます。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ