コラム

お見合いが婚活手法として人気だった理由は?

“昔ながらの婚活手法”というイメージのあるお見合いですが、近年ふたたび人気を集めているようです。現代風のお見合いは、歴史あるお見合いの長所を受け継ぎつつも、今どきの婚活方法として支持を受けています。今回は、そんなお見合いが婚活手法として人気だった過去や、現代風のお見合いのメリットについてご紹介します。

お見合いはなぜ婚活手法として人気だったのか?

過去に婚活方法の主流として人気だった「お見合い」。そんな昔ながらのお見合いは、かつては信頼できるお相手と出会える、効率の良い方法として知られていました。両親・職場の上司・近所に住む方などを通して、信頼できる人脈から紹介された男女は、お互いの身元が分かり結婚相手として好ましかったのです。

ところが、昨今ではこのような昔ながらのお見合いの手法が、多くの現代人の感覚と合わなくなってきました。その代わりに選ばれるようになったのは、結婚相談所でのお見合いです。仲人に気を使う煩わしさがない状況で、お互いのプライバシーを適度に守りながら、現代風のお見合いを行う方が増えてきています。

お見合い以外での結婚までの流れ

効率良く結婚相手とマッチングしやすいお見合いですが、一般的な恋愛結婚の流れと比べて、一体どのような違いがあるのでしょうか?

恋愛結婚では出会いのタイミングをコントロールできません。お見合いのようにお相手を紹介してもらう機会がないため、まずは出会いがあるまで待ち続けることになります。もちろん、待ち続けても出会いが一切ない可能性もあり得るでしょう。

運良く出会いのチャンスに恵まれ、交際に発展したとしても、そのお相手と結婚に至れる確証はありません。そもそも結婚を前提に交際していない場合もあるのです。たまたまお互いの合意を得られた一握りのカップルだけが、結婚に至ります。

お見合いのメリット

お見合い以外で結婚をする流れを見てみると、結婚に至るまでの過程がさまざまな偶然に支えられていることがお分かりいただけたはずです。

それに対して、お見合い結婚では合理的な方法で出会いを増やし、効率良くお相手の絞り込みを行います。プロフィールに虚偽の情報がなく、希望の条件に合う同士でマッチングが行われるため、交際後にお相手の条件に不満を感じる心配がありません。

また、お互いが本気で結婚を希望しているという前提があり、結婚までの進展にもスピード感があります。結婚する意思さえ固まっていれば、スムーズに成婚へと至りやすい方法です。

「お見合い結婚をした夫婦は離婚率が低い」といわれる理由は、このように結婚前にお互いの相性を確認し合い、合理的な判断をするためだと考えられています。

お見合いのデメリット

一方で、お見合い結婚は初めのうち恋愛のような感情による結びつきが少なく、おふたりの歴史が浅い点がデメリットといわれます。結婚後は夫婦として時間を積み重ねていけますが、結婚して間もない頃は一から関係性を築き上げていく必要があります。この時期に夫婦としての自覚をきちんと持つことが大切です。

また、お見合いは効率良く出会える方法であるものの、多くの人とのマッチングをこなすためには根気が欠かせません。理想のお相手を見つけるまでに次々と面会を行い、決められた期限までに意思決定を繰り返します。本気で結婚を希望する方でなければ、挫折のリスクもあるでしょう。

いまは結婚相談所での婚活も人気

婚活手法として現代風のお見合いが改めて人気を集めています。昔ながらのお見合いの長所を生かしつつ、現代人の感覚に合うようアレンジされた、今風のお見合い。さらに、結婚相談所でお見合いをすれば、第三者であるアドバイザーに相談ができるなど、きめ細やかなサポート体制が充実しています。そろそろ本気で婚活に打ち込みたいとお考えの方は、どうぞお気軽にエクセレンス青山までご相談ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ