コラム

【婚活のポイント】「高年収・高学歴=仕事ができる人」とは限らないので要注意

高学歴で高年収というプロフィールがあったとしても、その人が「本当に仕事ができる男性」であり、生涯を安心して一緒にいられるお相手とは限りません。今回は、婚活で本当に仕事ができる高収入男性を見極めることの大切さや、婚活をするときのポイントをご紹介していきます。

会社や学歴に依存している高給取りは伸びない

高年収男性との幸せな結婚生活を叶えるために、婚活で出会うお相手の年収・職歴・学歴は、欠かさずにチェックしておきたい条件です。しかし、これらのプロフィールにこだわりすぎるあまり、婚活に失敗してしまうケースが少なくありません。

有名な会社に勤めていて、年収がそれなりに高くて、名門といわれる大学を卒業しているのに、一体どうして婚活が失敗につながってしまうのでしょうか? その理由は、そのお相手が「本当に仕事ができる男性」ではない可能性があるためです。

中身が伴わない高給取りは、環境の変化で一気に路頭に迷うかも

夫婦で歩む人生を長い目で見たときに、夫の転職や独立をはじめとした、大きな変化を迎えることがあるかもしれません。特に、最近では終身雇用という働き方に縛られずに、ある程度の経験を積んでからキャリアを見直す方もたくさんいます。

そんなとき「本当に仕事ができる男性」は、新たに進むべき道を探し出し、どんな場所でも活躍できる力を持っています。その反対に、会社や学歴に依存していただけの中身が伴わない高給取りは、環境の変化で一気に露頭に迷うかもしれません。

一緒にいて安心できるのは「仕事ができる男性」

もしも世の中や身の回りの環境が変化して、会社や学歴といった過去の栄光に頼れなくなったら、一緒にいて安心できるのはどんな男性でしょうか。会社や学歴に依存していただけの高年収男性は、それらを失うことで立ち直れなくなるかもしれません。

それに対して、本当に仕事ができる男性は、たとえ大きな変化を迎えてもふたたび自分の力で高年収を実現できるのです。だからこそ婚活では、年収・職歴・学歴などの条件だけでなく、「本当に仕事ができる男性」であるかどうかを見極めましょう。

仕事ができる男性の特徴

本当に仕事ができる男性は、時間を大切にします。無駄な時間を過ごすことを嫌い、効率よくクオリティの高い仕事をこなすのが得意です。このような男性は自己管理も得意な傾向にあるため、休日などのプライベートな時間も有効活用しますし、お金に余裕があっても無駄遣いを避ける傾向にあります。

また、本当に仕事ができる男性は、起こったことに対して責任転嫁をしたり、言い訳をしたりといった行動をとりません。自分以外の誰かがミスをしたときは、的確なフォローを入れるなど、チーム全体のパフォーマンスを高めるような行動をとります。自分にも他人にも常に冷静であり、謙虚さを失うことがないのです。

本当に仕事ができる高年収男性は、一見するとやや地味に見えるかもしれません。華やかなお金の使い方をしたり、きらびやかな経歴を自慢したりすることがないため、彼らの実力はあまり目立たないのです。しかし、それは見かけにこだわらずに、本質的に仕事ができるからこその特徴だといえるでしょう。

結婚相談所でサポートを受けながら、どんな相手か見極めましょう

会社や学歴に依存している男性は、現在は高年収であったとしても、結婚生活を長い目で見たときに一緒にいて安心し切れない部分があります。プロフィールの条件だけでお相手の男性を判断することは、婚活の失敗につながるおそれもあるのです。

本当に仕事ができる高年収男性を見極めるのが難しいときは、これまでに多数のご成婚をサポートしてきた結婚相談所にご相談ください。経験豊富なアドバイザーが、理想の結婚を叶えるために婚活のサポートをいたします。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ