コラム

東京で歯科医師と婚活!年収や結婚するメリットまとめ

医者と結婚といえば内科医や外科医を思い浮かべるかもしれませんが、歯科医師との結婚を考えている方も少なくありません。それには歯科医師ならではのメリットがあるからです。

一般的なサラリーマンと比べて高収入であることは歯科医師以外の医師も同様ですが、他にも注目すべきメリットはあります。

たとえば歯科医師には育ちがよい人が多い傾向や、家族との時間が取りやすいなど、メリットはさまざまです。ここでは東京で歯科医師と結婚を望む方へ、歯科医師の年収や結婚するメリットをご紹介します。

医師の中でも歯科医師を選ぶべき理由

結婚相手には医者ではなく歯科医師を選ぶ方の多くは、歯科医師ならではのメリットを重要視しています。たとえば以下のようなメリットです。

  • 歯科医師の多くは開業医なので、比較的家庭で過ごす時間が長い
  • 親の後を継げる
  • 実家が裕福で育ちが良い人が多い
  • 一般的なサラリーマンと比べて、高い収入を得られる

あえて休日営業している医院は別としても休日出勤や残業はほとんどなく、安定した収入を得ることができます。

また、終業後に上司や部下と一緒に飲みに行くということもほとんどないので、直帰される歯科医師が多いようです。家族と一緒にいる時間が多いというのは、通常の医師ではなかなか得られないメリットと言えるでしょう。

また、歯科医師になるのは医者になるのと同じくらい学費がかかるため、親も歯科医師である、あるいは子どもを歯科医師にするだけの財力がある裕福な家庭が圧倒的に多いのも事実です。

このことから歯科医師の多くは実家が裕福で育ちが良い人が多い傾向にあります。

歯科医師の特徴

ではもう少し具体的に、通常の医師と比べて歯科医師はどのような特徴・メリットがあるのでしょう。

  • 開業医の場合、原則休日出勤や残業がない
  • 急患で運ばれる患者はいない
  • 安定した収入を得ることができる
  • 患者の生死に関わるような治療はしない

歯科に特化した医療を行う医師だからこそ、休日出勤や残業はない、医療トラブルに巻き込まれる心配も通常の医師と比べて少ないと言えるでしょう。

歯科医師の年収

東京で歯科医師を営んでいる方は、おおよそ勤務医と開業医の2種類に分類できます。

歯科医師になりたての若い歯科医師は、経験を積むために勤務医として働き、ある程度技術、経験を身につけたところで、開業する、または実家(開業医)を継ぐという方が多いようです。

歯科医師の年収は一般的なサラリーマンと比べて高収入であり、若手勤務医の場合、年収は500〜600万と言われていますが、開業医の場合1,000〜2,000万円、場合によってはもっと高いケースもあります。

東京都心は歯科医院がコンビニよりも多いと言われており、開業すれば必ず繁盛するとは言えませんが、高い技術で親切丁寧な治療を継続していれば、患者さんが途切れることなく収益も上がることは間違いありません。

歯科医師が結婚したい女性は歯が重要?

歯科医師が自分の結婚相手にどのような女性を選ぶのでしょう。やはり歯がきれいな人でなければならないのでしょうか。ここでは歯科医師が結婚相手として女性を選ぶ基準をご説明します。

・家庭的な人
歯科医師も常に新しい医療技術を学ばなければなりません。学会や研修などに参加し、常に最新鋭の技術を身につける必要があります。休日は自分の勉強の時間に充てる方も多いです。

大変な仕事だからこそ、家庭にいるときはホッとしたい。心地良く過ごしたいと思う歯科医師は少なくありません。だからこそ、家庭的な女性を好む傾向にあります。

・社交的な人
開業医の場合、顧客を増やすには人脈がとても大切です。夫婦揃ってパーティーに出席する機会や、婦人会的な集まりに妻が参加することもあるので、妻となる女性は社交的で人と接することが好きな女性が好まれます。

・気配りができる人
開業医ともなれば、雇用しているスタッフにも気を配らなければなりません。歯科医師の妻だからこそ、従業員たちへの心配りも重要です。優秀なスタッフはすぐ引き抜かれてしまいます。歯科医師である夫のフォローとして、妻の気配りも重要です。

・自分の仕事を理解し、サポートしてくれる人
歯科医師は通常の医師同様、常に最新の医療技術を身につけなければならないので、休日も勉強時間に充てることも多く、意外と自由な時間が少ないのです。

歯科医師がどのような仕事をしているのかをきちんと把握していれば、夫の仕事にも理解度が増します。激務だからこそ妻のサポートや温かい家庭が必要です。

・金銭感覚が似ている、あるいは近い人
歯科医師は高収入だからといって、派手な生活を好む人ばかりではありません。夫と同じ金銭感覚を持つことは重要です。場合によっては、消費癖がある夫にブレーキをかけるのも妻の役割です。

・歯のきれいな人
歯科医師は職業柄、人の歯に目が行きがちです。歯並びが悪い、歯が黄ばんでいる、虫歯が多い女性は自己管理能力が劣っていると思われるかもしれません。

歯がきれいな女性は歯や健康に対する意識が高いと思われるので、歯科医師にとって好感度が高まるのです。もちろん、歯や身なりをきちんとすることは歯科医師に限らずすべての男性から好感を得られる条件と言えるでしょう。

歯科医師と出会う婚活方法

残業がない、休日出勤はない、急患は来ないからといって歯科医師が暇を持て余しているわけではありません。自分の勉強のため、技術向上のために日夜努力して、意外と自由な時間が少ないこともあります。そんな歯科医師と、どのようにすれば知り合うことができるのでしょうか。

・患者やスタッフになってその歯科医院に通う
歯科医師との出会いの場所は、やはりその医師が勤務する歯科医院が圧倒的に多いでしょう。自分がその歯科医院でスタッフとして働く、または患者として通院することで、歯科医師との関係が密になります。

相手が独身、しかも結婚を考えている歯科医師なら、積極的に攻めてもよいかもしれません。

・お見合いパーティーに参加する
お見合いパーティーへの参加も歯科医師と出会う絶好のチャンスです。形式張ったお見合いではなく、パーティーという気軽なお見合いであれば複数の男性と会話をすることも可能です。

会話をすることで、相手がどんな職業かもわかります。医師や歯科医師が多いお見合いパーティーなどに参加してみましょう。

・合コンに参加する
もっとフランクな出会いを求めているなら合コンもおすすめです。予め男性メンバーは歯科医師に限るという縛りを持たせた合コンなら、理想の相手を見つけやすいでしょう。

周囲の友人知人に、歯科医師と結婚したいことをアピールしておけば、そのような合コンにお声もかかりやすくなります。

・婚活サイトに登録する
お見合いパーティーや合コンで、いきなり相手の年収や社会的地位を聞くのは憚られます。しかし婚活サイトなら、そういった個人情報を吟味した上でお見合いができます。

相手の年齢、職業(歯科医師か否か)、年収、住んでいるところ、勤務地などさまざまなデータを事前に得ることができるので、条件を絞って男性を探しやすいでしょう。

何よりも婚活サイトに登録している男性は積極的に結婚を望んでいる方なので、条件が合えばすぐに結婚への道が開けるといえます。

歯科医師と出会いたい女性は条件検索ができる婚活を

医師のなかでも歯科医師と出会いたい、結婚したいと望んでいる女性は少なくありません。

お見合いパーティーや婚活サイトを利用するのも良いですが、より短時間で希望の条件に合う空いてを探したい方は、婚活サイトに登録するのがおすすめです。

エクセレンス青山は、専任のカウンセラーが登録者一人ひとりの悩みや希望、要望をじっくりとお伺いし、その方の性格なども踏まえて合った最適なパートナーを紹介いたします。

本気で婚活される方を成婚までサポートいたしますので、まずはお気軽に無料見学・カウンセリングをご利用ください。

ご入会・無料見学に関するお問合わせは、お気軽にご相談下さい。 受付時間11:00〜21:00[水曜日定休]
03-5410-0305
お問合わせ